資格の学習 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。平成27年7月期part1。

嫌な出来事があると心は不機嫌になります。

それは仕方のないことです。

意味を考えたりすると不機嫌になるのは宿命です。

だからといって意味を考えずに生きていくこともできません。

今日もただただ、本当は意味なんてついてないことに意味付けしている自分の心、に気付いて対応していくだけです。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

  

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。平成27年7月期part1。

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

A-1

解答は 4

ABは多数決、CDは法則から外れています。

解説みても何も書いておらず。

つまりは●覚えしなさいってことか。

A-2

解答は 3

等方性アンテナの約1.64倍であり、約2.15dB

倍数のほうがdBより小さいのか。

たまたまかなあ?

A-3

解答は 5

距離に関係ないのか!

徹底的に多数決の法則から外れていますね。

Bはなんとなく sinθと感じました。2乗するならもっと他の要素が出てくるような。

A-4

解答は 5

ピックアップして覚えます。

① 40,000 / 4.0 * 2.5 = 4,000

② 10log4000 = 10log1000 + 10*2*log2 = 30 + 6 = 36

A-5

解答は 2

1 かと思いましたが 2 かあ。

Aは多数決なのだなあ。1,2,3

Bも多数決か、2,3

Cは√がなく、Dはパラボナアンテナの利得が分母か。

解説には何も書いておらず。

丸暗記かあ。


A-6

解答は

解説読みましたがこいつは手ごわい。

何を書いているかさっぱりわからず。

ちょっと乱暴に覚えるか。

まず

276log 2D /d

という謎の式が出てくる。

276 * log ( 2 * 20 * 10のマイナス2乗 / 4 * 10のマイナス3乗 )

= 276 * log 10の2乗

= 552

次に

L = 552 / 2π * 30 * 10の6乗

≒ 2.9 * 10のマイナス6乗

= 2.9μH

A-7

解答は 4

多数決の法則から B だけ外れています。

5だと多数決通りですが、無線工学ABでは、多数決の法則通りバッチリ、という問題はあまり見ません。

かたや、Aだけは多数決の法則通りである確率が高い。

となると 3,4のいずれかかなあと。

同軸給電線の分母は√がつくのですね。

√がつく。

覚えておこう。

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。平成27年7月期のpart1。~終わりに~

睡眠不足でも心がご機嫌だとなんとか乗り切れます。

逆に心が不機嫌だと、どんなに寝ても寝たりないし、なかなか布団から起きれません。

心を整えることは、時間が浮くことでもあります。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格の学習, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 サラリーマン生活大全 Powered by AFFINGER5