資格の学習 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。平成28年7月期part1。

嫌な出来事はたくさん発生します。

生きている以上、仕方のないことです。

でも、自分はどうありたいだろう?

私は楽しくありたい。楽しく在れない時もあるけど楽しくありたい。

ありたい、は大事です。

解説、はじまります。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。平成28年7月期part1。

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

A-1

解答は 1

Aは安定の多数決の法則 1,2,3

Cだけ外れているのか。

Bはあれですね、拡張されたアンペアのほうが、拡張されたファラデーよりしっくりきますね。

簡単に拡張されたらファラデーの立場が無いですね。

A-2

解答は 3

えっとこれは

①100MHzの波長λは3m

λ=3*10の8乗 / 1 * 10の6乗 = 300cm = 3m

②電圧は3mV

①②が分子分母で打ち消しあって 1

計算結果にはπが出てくるので、3.14に一番近いのが正解。

A-3

解答は 1

Aはやっぱり多数決 1,2,3

Cですね、問題は。

2Dなんだな。

A-4

解答は 3

3は無いと思ってたのですが3だった。

最大で200%なのですね、比帯域幅ってのは。

A-5

解答は 5

解説が複雑なのでポイントを絞って覚えます。

① GHz

10の6乗が減って10の3乗 = 30dB

② 20 * logπ

20 * 0.5 = 10dB

③ log6

10 * 0.78 = 7.8dB

30dB + 10dB + 7.8dB = 47.8dB


A-6

解答は 2

50 / 0.7 * 3 * 10の8乗

= 0.24μ

A-7

解答は 4

Aが多数決から外れている。珍しい。

BCは多数決通りですね。

A-8

解答は 2

2か4のようにみえます、これ。

3,4から出るのは2からの入力なのですね。

記述を考えるとそうなっているような気がします。

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。平成28年7月期のpart1。~終わりに~

誰かの機嫌をうかがっても仕方ないです。

イライラする人はイライラする人、独善的な人は独善的な人です。

そこに意味をつけても仕方ありません。そういうものなのです。

意味なんてついてないので、さっさとトイレに流してしまいましょう。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格の学習, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 サラリーマン生活大全 Powered by AFFINGER5