資格列伝 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。平成29年1月期part1。

とある情報によると、週2回くらいは運動をしたほうがいいそうです。

コロナ禍のなか、外出は難しいので、私は室内で出来るなわとび(ひもの代わりに重りが付いている)をしたりしています。

軽い運動をするとデスクワークの効率もあがります。

さて、解説、はじめます。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

  

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。平成29年1月期part1。

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

A-1

解答は 2

これみたことあるなあ。平成27年7月期のAー1と似ている。

選択肢の順番は変わってますが、答えは同じですね。

選択肢Bのみ、多数決の法則から外れています。

A-2

解答は 3

① 波長λを求める

λ = 3*10の8乗 / 15 * 10の6乗 = 20m

② アンテナ素子の長さ

l = λ(1 - 短縮率) / 4 = 5 * (1 - 短縮率)

なので、5以上にはならない。選択肢 5 は 除外されます。

あとはこれ、解説読みましたが難しいな。

計算した結果、短縮率は 0.03くらいになってます。

ちょっと無理くりですが、この値を覚えておくか。波長が変った場合なら対応できそうですが、他の値が変るときついですね。

今後の期の問題次第で対策を考えてみます。

A-3

解答は 4

これも平成27年7月期でみたことがあります。

1.64倍の2.15dBが正解ですね。

A-4

解答は 5

4,5が怪しいですね。

Aは多数決、3,4,5

Bの多数決、2,5

5が濃厚。

しかしCでは、類似性から

2乗、分母がπRが2,4,5

120分子が3,4

と 4の線もあります。

4.5を絞り込むのは難儀ですが、Bの選択肢 2,5 がまったく同じ値なので根拠としてはより強い。

あえて選ぶなら、5。

A-5

解答は 4

解説観ましたが相変わらず複雑。

そうだなあ。

① 開口効率から

0.6 * 4 = 2.4

4は係数です。

周波数が 3 の単位の場合はこうなりますが、例えば 2 だと 3/2=1.5の2乗=2.25で 2.4を割ります。

② ①から

30 * 2.4 = 7.2

30も係数です。

③ ②の√

√7.2 ≒ 2.7

④ ③*π

2.7 * 3.14 = 8.478

⑤ ④/15

8.478/15 ≒ 0.57


A-6

解答は 3

1は仲間外れですね。

25-j75で実数のほうが小さいのかなと。

となると、3+√5か

3,5のうちどちらかですね。

あとは引き算が正解で 3

A-7

解答は 4

√が付いているのが正解。

√εs倍、ですね。

A-8

解答は 2

これはどこかで見たことがあるような。

① 100で10,100の2

276*2=552

d=2なので 2Dの2と打ち消しあいます。

√552*138 = 276

276 = 276 log (2 * 100) / d

d = 20

log 10 = 1 のときに成立しますので、d = 20

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。平成29年1月期のpart1。~終わりに~

今日のおやつを食べすぎたせいかお腹が気持ち悪い。

そんなときでも継続して学習する私、えらい。

本当に体調不良の場合はお休みをいただきますが、そうでなければ学習を続けます。

継続は力なり、ですね。

自分の今日の全力を今日に置いてくる。

大事です。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格列伝, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 SE列伝 Powered by AFFINGER5