資格列伝 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。平成29年1月期part2。

凹むことはたくさんあります。いつでもどこでも起こります。

ならば相手や環境を理屈でねじ伏せますか?でもしんどいですよね。

できることは、つっこみどころを減らして防御する、おとなしくしておくこと、でしょうか。

そして自分の心をご機嫌にすることです。意味付けして不機嫌になってしまうのは仕方ないとして、ご機嫌にすることです。

人生生きていく間、ずっと続く戦いですね。磨いていきましょう。

解説はじめます。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

  

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。平成29年1月期part2。

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

A-9

解答は 5

多数決の法則から B のみ外れています。

なんでしょうね、問題文の /4 があまりに目立ったので、逆にBの回答は /2 かと思いました。

A-10

解答は 1

3個の影像アンテナから放射される4波の合成波として求められる。

が正解。

A-11

解答は 4

帯域幅が広い。楽器とかでもそうか。大きい楽器ほどいろんな音階が出るような気がする。

A-12

解答は 5

これはみたことありますね、平成27年だったか28年だったか。

選択肢の順番は変わっていますが、同じ問題です。


A-13

解答は 1

~していれば という条件があるので、無関係にほぼ一定、か。

Aは選択肢多数決。

よって 1

A-14

解答は 2

A 伝搬する波は周波数が低いほど良好に伝搬します。低い音ほど遠くまで響いているのですよ。

B 屈折率のゆらぎ 対流圏では屈折率のゆらぎが大きい。酸素はさほど関係ないと思われる。

C 対流圏とかいう高い空のうえの話をしているので、高度による違いを問題にしているのかなと。

A-15

解答は 3

Aは多数決か。う~ん、dが分母になるほうがしっくりくるのですが。

6Ghzとか出てきたら、もう波長を求めるしかない。

λ= 3*10の8乗 / 6*10の9乗 = 0.5*10のマイナス1乗 = 0.05

√(0.05 * 25 * 10の3乗 / 2) = √625 = 25

A-16

解答は 3

Bだけ多数決から外れている。このパターン多いですね。

A-17

解答は 2

送受信点の距離が800kmなので400km

2*√(400の2乗+300の2乗) = 1,000km

E=7*√2500 / 1,000*10の3乗 = 350*10のマイナス6乗

20*log(35*10)=20*(1.54+1)=50.8≒51

51 - 6 = 45

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。平成29年1月期のpart2。~終わりに~

毎日毎日、家では怒鳴り声を聞いて、仕事ではプレッシャーに耐える。ストレス社会と言われて久しいです。

ではストレスとは?認知の脳が発達した人間の宿命ですね、ストレスがかかるのは。

でも社会生活をおくるためには、認知しないわけにはいかないので、認知だけじゃない脳の使い方をして心を守る必要があります。

心を守ることは高いパフォーマンスを出すための条件です。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格列伝, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 SE列伝 Powered by AFFINGER5