資格列伝 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。平成29年7月期part1。

誰かを貶めよう、誰かが悪い、誰かのせい、と言っていると心は不機嫌になります。

たとえそれが理屈的に正しかろうが、関係なく不機嫌になります。

いや、理屈的に正しいからこそ不機嫌になるのかもしれません。

そういえば、インテリな人って不機嫌なイメージがありますね。

それは、正しいことを正しいと認識して外界の間違いが目についてしまうから不機嫌になるのでしょう。

正しさは必要です。でも心の安定も必要です。両方必要です。

解説、はじめます。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

  

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。平成29年7月期part1。

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

A-1

解答は 1

頻出問題ですね。

選択肢の順番が変っただけなのですが、意外と正解しずらい。

A-2

解答は 1

① 周波数が出てきたらだいたい波長を求めます。

 λ = 3 * 10の8乗 / 1 * 10の9乗 = 0.3

② Pを求める

  P = 80 * (π * 0.03 / 0.3)の2乗 ≒ 8

だいたいの値が求まれば選択肢を絞りこめますね。

A-3

解答は 4

Aは多数決の法則、3,4,5

Cだけ外れています。

数稽古の●覚え。

A-4

解答は 4

P = (3 * 10の5乗 * 4) / (4π * (5 * 10の4乗)) の2乗

10の5乗がどこから出てきたのかわからないですが、おそらく50dBなのかと。

≒3.82 * 10のマイナス5乗

A-5

解答は 3

開口周辺部の照射レベルを低くする。


A-6

解答は 5

解説をみましたが、三角関数の迷宮でした。

問題の形と解答欄を覚えて、●覚えしましょう。

A-7

解答は 2

みたことあるきがする。√がつくんだ=とか言ったような気がする。

Bだけ多数決から外れているって言ったような気がする。

A-8

解答は 3

これは●覚えです。

小さいほど、ではなくて、大きいほど。

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。平成29年7月期のpart1。~終わりに~

4科目目も5期目に入りました。

長い長い道のりです。

4科目目の学習が終わったら、全体的に復習を始めます。

毎日継続。

資格学習も心を磨く修業も毎日継続です。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格列伝, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 SE列伝 Powered by AFFINGER5