資格の学習 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。平成29年7月期part3。

今日の全力を今日に置いていく。

感情に気付きながら、意味のないことに意味付けしていることに気付きながら、対応する。

継続するためには心が安定していることが大事です。

今日も解説、はじまります。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。平成29年7月期part3。

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

A-18

解答は 3

Bだけ多数決から外れている、と覚えました。

そういう問題、多いんですね。

次点で、Cだけ外れている場合あり。

A-19

解答は 3

3,4が一番怪しいですね。

A-20

解答は 5

Aは多数決で3,4,5

なんだか前にCはπが無い、とかなんとかで覚えたような。

B-1

解答は

ア 3 IとRrがあるのが 3,4
イ 2 EとZ0のみがあるのが 2,9
ウ 6 前項でpを求めているので PAとpを使うのですね 6,8 磁束密度によって割るのですね
エ 7 電力って V * I I = V / R Vの2乗/R 5,7
オ 10 1 or 10

B-2

解答は

ア 1
イ 7
ウ 8
エ 4
オ 10

●覚える。

B-3

解答は

ア 6
イ 7
ウ 3
エ 9
オ 5

●覚える。


B-4

解答は

ア 2 大きくなる
イ 1
ウ 1
エ 1
オ 2 高くなると

B-5

解答は

ア 6
イ 7
ウ 3
エ 4
オ 5

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。平成29年7月期のpart3。~終わりに~

ん~各期後半戦は●覚えが多いですね。

特にBの問題はその傾向があります。

数稽古で覚えていくしかないですね。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格の学習, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 サラリーマン生活大全 Powered by AFFINGER5