資格列伝 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。令和元年7月期part2。

お腹がいっぱいになると眠くなります。

今日は頑張ったなあ、などといいながら今日だけはいいんじゃない?と学習をサボると、習慣はあっというまに崩れます。

勉強しないことになれてしまうのです、心が。

実に簡単に習慣は崩れます。

だから毎日毎日取り組むことが必要なのです。

※残業がたくさんある人はそもそも学習計画に難あり、かもしれません。

解説、はじめます。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

  

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。令和元年7月期part2。

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

A-9

解答は 2

これ、覚えてました。

キャンパスはよこしま。

これで2,5まで絞れます。

あとは Aが多数決で、2が正解。

A-10

解答は 4

3個4個ではなくて、5個6個、ですね。

A-11

解答は 3

狭帯域じゃなくて広帯域。

なんというか、この、誤りを探す問題ですが、長々と書いている選択の誤り率が高いですね。

そりゃそうで、文が長ければ長いほど、誤り要素を入れやすいわけです。

あとは数値とかね。

もちろん例外もありますが、迷った時の指針にはなるかな。

A-12

解答は 5

多数決の法則通りですね。

珍しいな。

イの方向ってのは別の問題でも出てきてた気がします。

2乗と対数は悩みますが、周波数特性というとdBのイメージがあり、対数かなと。10logX という形式で算出することが多いですね。

Aは多数決頼り。


A-13

解答は 3

観たことある問題。

Aは多数決、そうそうコカセントって調べましたよ。1/tanのことだったかな?

Bだけ多数決から外れているパターン。

A-14

解答は 1

ポイントだけ覚えます。前もそんなこと言ったような。

3 / (4 * 3.14 * 14) ≒ 0.00171…

10のほげほげは無視しているので、17.1ですねこれ。

3 は 電子のスピード、4 は 定数たぶん円の面積かなんか、3.14はπ、14 は 140dBからきています。

A-15

解答は 4

以前も観た問題なのですが、解説に困りますね。がっつりと計算しないと出てきません。

そうだなあ。

定数 4

回折係数 0.1

√3/2 ←これは問題の式の計算結果 A1

1/5 ←これは問題の式の計算結果 A2

電界強度 7 /900 7は定数、900は90kmからきている。

これを掛け算すると 5.35という値が出てきて、一番近いのが 4

苦しいなこれ。かなり苦しい。

ちょっと後日に回します。リベンジ。

A-16

解答は 2

注目は1,5 ~のおそれがある、などがある、という慎重な言い回しは正解である可能性が高い。

よって2,3,4に絞ります。

3 も ~のことがある で慎重な言い回しか。

なら 2,4 のいずれか。

最後は2択で覚えるしかないなこれ。

A-17

解答は 2

かなり見たことある問題です。5 かと思いましたが 2が正解。

問題文の何かが変わったのか、選択肢の並びが変っただけなのか、私がぼけてるだけなのか。

これも後日、要確認です。

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。令和元年7月期のpart2。~終わりに~

きょうはくっそ眠かった。

昼寝してないうえに、外出して車の長時間運転。

でも今日も勉強した。えらいぞ私。

自画自賛も心の安定のためには大切です。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格列伝, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 SE列伝 Powered by AFFINGER5