資格列伝 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。各期のA-1問題。

自分の感情や意味付けを知り、心は自分で決める。

外界の出来事に本来意味はついていない。

今日の全力を今日に置いていく。

さて

陸上無線技術士1級の過去問を独学で解説します。

無線工学Bです。

ひとまず平成27年7月期~令和2年1月期までの10期が終わりましたので、今回から横展開で復習していきます。

今日はA-1を攻めていきますよ~。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-1問題

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

平成27年7月期のA-1

解答は 4

選択肢多数決から CD を外しています。

このマクスウェルの方程式の問題は頻出です。

無線工学BのA-1は、だいたいマクスウェルの問題だったりします。

平成28年1月期のA-1

解答は 2

これはマクスウェルじゃないですね。

選択肢多数決から D のみ外れています。

平成28年7月期のA-1

解答は 1

これもマクスウェルの問題。

アンペア、変異電流、あたりは●覚えです。

平成29年1月期のA-1

解答は 2

多数決からBだけ外してきました。

これもマクスウェルの問題。

Cは、マイナス、と覚えます。


平成29年7月期のA-1

解答は 1

これもマクスウェル。

最後の項がマイナス、と覚えていると正解にたどり着きやすいです。

平成30年1月期のA-1

解答は 4

これはマクスウェルではない。

ですが、Dのみ多数決から外れている、という流れは変わってませんね。

平成30年7月期のA-1

解答は 3

これもマクスウェルの問題。

さっき同じ問題が出てましたね。

平成31年1月期のA-1

解答は 5

Aは多数決3,4,5、Bは1,4 2,5とまとまっています。

ここで、仲間外れの 3 の式をみると、2,5のほうに近いですね。

だから、2,5が正解と推測。

3,4,5と2,5の共通で 5

令和元年7月期のA-1

解答は 4

これもマクスウェル。

CがマイナスでBが多数決から外れている、ということでした。

令和2年1月期のA-1

解答は 3

これもさっき出てましたね。

Dだけ多数決から外れているっと。

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。各期のA-1問題。~終わりに~

はい、今回から復習に入ってます。

マクスウェルの問題が頻出。

あとの問題も2,3パターンに分けられます。

目新しい問題に見えても実は既出の問題の知識で解ける、なんてこともありそうですので、試験本番では、まずは慌てないようにしましょう。

まずは心を落ち着けて。時間は十分にあります。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格列伝, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 SE列伝 Powered by AFFINGER5