資格列伝 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。各期のA-3問題。

嫌だという意味付けを心は自動的に行ってしまいます。

すると、本来認知的に対応しなければならない事柄がお留守になります。

例えば、仕事で失敗したとして、ああ俺はだめだだめだ、と意味付けして凹むわけですが

認知的には、失敗したら原因を分析して次は違うやり方を試してみて失敗しない方法を探ればいいだけです。

でも、ああ俺はだめだだめだ、と言ってると気づけません。

意味付けは論理的に使うのが吉。感情に使うと、嫌だのめんどくさいの俺はだめだの、そんなことになります。

さて

陸上無線技術士1級の過去問を独学で解説します。

無線工学Bです。

ひとまず平成27年7月期~令和2年1月期までの10期が終わりましたので、今回から横展開で復習していきます。

今日はA-3を攻めていきますよ~。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-3問題

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

平成27年7月期のA-3

解答は 5

Aが多数決から外れていますね。

Bは2乗がない形で正解です。

平成28年1月期のA-3

解答は 1

ACが多数決。

これも数稽古で●覚えです。

平成28年7月期のA-3

解答は 1

Cが特徴的。孤立している2D・・・が正解。

2,3で迷いそうですけどね。

Cの孤立項目が正解、なんて問題はそうそうないので印象的です

平成29年1月期のA-3

解答は 4

2.15dBかな。

3と迷いましたが4が正解。


平成29年7月期のA-3

解答は 4

4,5で迷いました。

Bが多数決から外れているのか、Cが外れているのか。

今回はCが多数決から外れていました。

平成30年1月期のA-3

解答は 3

1,2,3と4,5でグループわけ。

多数決から1,2,3に正解が潜んでいる可能性が高い。

それで問題文にG[dB]があると、30dB以上になる可能性が高い。

30log2 = 30 * 0.3 = 9

30 + 9 = 39

平成30年7月期のA-3

解答は 2

多数決から1,2

0.3 0.5 が出てくるってことはきれいに20にはならないかなあと。

平成31年1月期のA-3

解答は 3

これさっきみましたね。4は正解の値になってます。

そして、前半の値より後半の値のほうが大きいですからね。

3が間違い。

令和元年7月期のA-3

解答は 3

2.24ですか。4が出てくるのかな。

となると0.84か1.04か。

1.04が正解なのですね。

令和2年1月期のA-3

解答は 2

Aは2,3 4,5

ん~

ん=

これはもう数稽古の●覚えだな。

値が変る問題でもないですし。

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。各期のA-3問題。~終わりに~

いやな思いは誰でもします。

いやなことは自分の心が意味付けしてるだけなんだよ~といっても嫌なものは嫌です。

だからといってイヤイヤまみれになると疲れるだけです。

だからイヤイヤにまみれずにイヤイヤの海の浜辺あたりで眺めているのが一番自然かな、と思うわけです。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格列伝, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 SE列伝 Powered by AFFINGER5