資格の学習 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。各期のA-12問題。

認知活動をしているとすぐに不機嫌になります。

これはもうしょうがない。

環境や他人や出来事は思い通りにならないことばかりです。

だからそれらに振り回されず心を整えていく必要がある。

今日も心エントリーでいきましょう。

さて

陸上無線技術士1級の過去問を独学で解説します。

無線工学Bです。

ひとまず平成27年7月期~令和2年1月期までの10期が終わりましたので、今回から横展開で復習していきます。

今日はA-12を攻めていきますよ~。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-12問題

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

平成27年7月期のA-12

解答は 4

これは昨日みたことあるような。

●覚えですね。

平成28年1月期のA-12

解答は 5

Aは多数決でもそうですが、明らかに「一次放射器」じゃないとおかしいですね。

主反射鏡の頂点に主反射鏡は置かないかなあと。

あとはC、大きいってとこを●覚えです。

平成28年7月期のA-12

解答は 2

A多数決で1,2,3

3はBがtanで孤立

3のC、鈍角と共通なのは 2

平成29年1月期のA-12

解答は 5

Aは多数決から外れています。

●覚えです。


平成29年7月期のA-12

解答は 4

あれ、これ、以前の類似問題では回転双極面が正解だったのですが、今回は回転楕円面が正解なのですね。

位相、副反射器かあ。

ん~グレゴリアンアンテナ

あ、令和2年1月のA-10でやったのは、カセグレンアンテナですね。

つまり

グレゴリ → 回転双曲面

カセグレン → 回転楕円面

なのですね。

平成30年1月期のA-12

解答は 2

カセグレンってさっきも出てきたアンテナか。

平面波と球面波が逆。

平成30年7月期のA-12

解答は 2

ん~これはもう問題の図が特徴的なこともあり、値も変わりそうにないので、覚えちゃいましょう。

平成31年1月期のA-12

解答は 1

フラウンフォーファに反応しました。

フレネル領域、が正解。

令和元年7月期のA-12

解答は 5

Aは多数決。

Bは逆相

Cは収束する方向のイが正解

Dは対数ですね。

令和2年1月期のA-12

解答は 3

類似性で2,3,4,5

受けにくい、取りやすい、という表現より、大きい、高い、という表現のほうが間違いの選択肢を作りやすい。

3,4

2択まで絞ったのであとは●覚え。

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。各期のA-12問題。~終わりに~

自分の心が本来意味の無いことに意味付けしたことを知る。

嫌いな人に嫌いという意味は本来ついていない。

嫌な過去の出来事に嫌という意味は本来ついていない。

意味付けしたのは自分の心であり、意味付けするのは仕方のないことなのですが、自分の心が無意味なことに意味付けしたことを知りましょう。

心を整えていきましょう。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格の学習, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 サラリーマン生活大全 Powered by AFFINGER5