資格の学習 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。各期のA-16問題。

心には状態がある。

心にはご機嫌と不機嫌の状態がある。

ご機嫌ならパフォーマンスはあがり、不機嫌ならパフォーマンスは下がる。

心の法則です。

さて

陸上無線技術士1級の過去問を独学で解説します。

無線工学Bです。

ひとまず平成27年7月期~令和2年1月期までの10期が終わりましたので、今回から横展開で復習していきます。

今日はA-16を攻めていきますよ~。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-16問題

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

平成27年7月期のA-16

解答は 2

Aが多数決から外れています。

電離層限定の事象のようなので、短周期の不規則な~が正解か。

緯度、直線偏波は●覚え。

平成28年1月期のA-16

解答は 5

1.21ときたら9.9が目につく。

1.44なら10.8が気になる。

そういう脳みそになってしまいました。

まあ、1.21の√は11でして、9*11=99

1.44の√は12でして、9*12=108

なんですね。

平成28年7月期のA-16

解答は 1

計算だと

30*30*10の6乗 / 2*4/3*6370*10の3乗 ≒ 53m

なのですが、覚えられる気がしない。

選択肢を見ると

53-60は7差

73-80は7差

そして仲間外れの5は93

となると、53か73か。

この2択を絞るのはしんどいなあ。

あとは勘(何

平成29年1月期のA-16

解答は 3

太陽フレアが答えになる問題は無かったかな。

kが小さくなると回折損が大きくなる、か。


平成29年7月期のA-16

解答は 1

またきたかこれ。

答を●覚えしているものの計算するか~

E = 4 * E0 * S * A1 * A2

波長は3m

30√GP/d = √3/60

A1 は 計算するとだいたい sin π/4 = 1/√2

A2 は sin π/40 ≒ 0.0785

S=0.1

全部かけると 641

平成30年1月期のA-16

解答は 1

ものすごく乱暴に覚えると

-90+30=|-60|=60

計算式の解説観たけどこれだめだ覚えられない。

平成30年7月期のA-16

解答は 4

MIMOは垂直も水平もあり

問題文でいえば、4だけ否定形、明らかに誤り。

平成31年1月期のA-16

解答は 4

さっきもみましたね。

短周期の緯度の直線偏波です。

令和元年7月期のA-16

解答は 2

1は~おそれがある、と慎重表現

5も~などがある、と可能性を示唆

2,3,4ですが、2が誤りと●覚え。

令和2年1月期のA-16

解答は 3

えっとですね。

7db減衰するんです。

となると間違いの選択肢として7db減衰しなかったパターンも用意しときたい。

57 - 7 = 50

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。各期のA-16問題。~終わりに~

月曜日の学習はなんか疲れますね。

仕事で飛ばしたときは特にそう。

1週間は長いので、淡々とぼちぼちとやっていきたいと思います。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格の学習, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 サラリーマン生活大全 Powered by AFFINGER5