資格の学習

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。各期のA-18問題。

今を生きる。今を生きる。

今日もまた考える日々。

認知活動のゴミに負けないように。

今日も今日に全力を置いていこう。

さて

陸上無線技術士1級の過去問を独学で解説します。

無線工学Bです。

ひとまず平成27年7月期~令和2年1月期までの10期が終わりましたので、今回から横展開で復習していきます。

今日はA-18を攻めていきますよ~。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

  

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-18問題

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

平成27年7月期のA-18

解答は 3

ABC多数決の法則で 3 に絞れます。

平成28年1月期のA-18

解答は 3

これも昨日やったかなあ。

3のみ、~できないという表現で間違いの選択肢として作りやすい構造。

平成28年7月期のA-18

解答は 2

ABで1,2まで絞ります。

Cは、分子に係数 2 と覚えるしかないか。

平成29年1月期のA-18

解答は 5

10/1.5なら6.7なんですけどね。

4*1.5*10 / (1+1.5)の2乗 = 9.6

つまり10よりちょっと小さい値。

仮に1.5でなくて2なら?

4*2*10 / (1+2)の2乗 = 80 / 9 ≒ 9

ん、10よりちょっと小さい値になります。

0.5なら?

4*0.5*10 / (1+0.5)の2乗 = 20 / 2.25 ≒ 8.88

3なら?

4*3*10 / (1+3)の2乗 = 120 / 16 ≒ 7.5

ん、VSVRの値が大きくなると、徐々に小さくなっていくみたいですね。

当然、真数が大きくなれば値は大きくなります。


平成29年7月期のA-18

解答は 3

Aは多数決、Bは垂直の軸じゃないと大変。水平軸で回転だと、空中で回転させる感じか。

平成30年1月期のA-18

解答は 1

Aが多数決から外れています。4πですね。

Bは多数決です。

平成30年7月期のA-18

解答は 2

計算式はあるのでしょうが●覚え。

90,40

60は90から30離れており

60は40から20離れています。

つまり

-120と70なら

90が答えになるのかな?

平成31年1月期のA-18

解答は 5

これも似たような問題ですが

ABは多数決、Cは分子Xが正解。

これも数稽古の●覚えだなあ。

令和元年7月期のA-18

解答は 3

これはさっきもみましたね。

Cは 分子の係数2 が正解です。

令和2年1月期のA-18

解答は 4

4だけ、関係しない、という表現。

他は、できる、される、ことができる、することもできる

など前向きな表現。

関係しないことをわざわざ問うのは誤りの可能性が高い(絶対ではありません)

陸上無線技術士1級の無線工学Bの過去問を独学で解説する。各期のA-18問題。~終わりに~

学習も大詰めを迎えました。

4科目目が終わったら、そうですね、本格的に各期ごとの復習を始めます。

今度はブログじゃなくてノートに計算などを書いて取り組みたい。

試験直前に見直すならば、コンパクトにまとめたノートのほうが便利でしょうしね。

と、認知的な判断をしつつ、心に不安が溜まらないように、今日も今も、今を生きると念じ続けます。

認知と心を両方大事にしながら、試験に臨みましょう。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格の学習
-, , ,

© 2021 サラリーマン生活大全 Powered by AFFINGER5