心を整える

仕事に行きたくない辞めたいと毎日考えている仕事のできない人に足りてないたったひとつの考え方。

足成眼鏡スーツ女性3

本日のターゲットはこちらです。

困ったさん
仕事に行きたくない辞めたいと毎日考えています。仕事ができないんです。周りの人ができることでも私はできません。どこかおかしいのかもしれません。どうしたらいいのでしょうか?

以下に対処法を記載いたします。

仕事に行きたくない辞めたいと毎日考えている仕事のできない人に足りてないたったひとつの考え方。

足成眼鏡スーツ女性30

心を整えるという考え方

僕たちは学校でも職場でも

成果は求められていても成果を出すための仕組みを学んでいません。

社会は表面上のことばかりです。

便利になった世の中では

メリットだけで議論が進められることもしばしば。

心は置いてけぼりです。

他人の心となるとなおさらです。

誰も立ち入ろうとしない。

「ちゃんとして」

というだけ。

まるでサボっている人に怒るような言い方をする人たちばかり。

彼らは心に対して何かをすることは職務の韓流ではないと思っています。

実に心の貧しい人たちです。

心を整えると

結果を出し続ける人は必ず心を整える術を知っています。

根性論ではありません。

心の仕組みに則った思考を毎日訓練するだけです。

・自分の心が出来事や他人に「嫌」という意味をつけたことに気付く
・自分の感情を認識する
・今に生きると考える
・今日の全力を今日に置いていくと考える
・ただ、ありがとう、と考える
・他人の感情や考えをわかってあげる
・心がご機嫌な状態に在ることのメリットを知る

いろいろあります。

たくさんあります。

思考を訓練することで心を整わせることができます。

心を整えるとか怪しいです

そうでしょう。

認知的に生きている人のフォーマットは

「主張」 + 「根拠」

でできています。

かたや心を整える方法は、主張や根拠ではなく、ただ心が整うパターンの思考を毎日毎日訓練するだけです。

認知的に生きている我々現代人にはこれがわからない。

原始人とか、武士ならわかったのかもしれない。

でも便利至上主義の現代人にはわかりにくい。

だから心を整えない。

心を整えないから作業中も雑念ばかり。

休日は嫌なことを思い出してイライライライラ。

ゆっくり休めないからバリバリ働けない。

働けないから結果が出ない。

結果が出ないから仕事ができない人。

というわけです。


心源流の心意気

ハンターハンターという漫画をご存じですか?

登場人物のひとりである、ハンター協会のネテロ会長という人は、山籠もりをして毎日毎日感謝していました。

感謝の祈りを毎日1万回していました。

その末にとんでもない能力を身に付けたわけですが。

ただただ感謝する。

これもライフスキルです。

長友選手

インテルの長友選手も「感謝すると余裕が持てる」と言っていました。

スランプに陥った時、彼は「ただただ感謝する」ことのメリットを体感したのでしょう。

スポーツや武道をやっている人は、心を整えることの大事さに気付きやすいです。

瞬間が勝負ですからね、彼ら彼女らは。

生き残っていくためには、嫌なことを思い出してパフォーマンスを落としている暇がないのです。

やるべきことはしっかりやる

心を整えてすべてハッピーになるわけではありません。

もちろんやるべきことをやることが大事です。

それも一生懸命に。

一所懸命取り組むことで楽しい。

楽しいから続く。

続くから結果が出る。

結果が出るから仕事ができる人になる。

世の中にはとんでもない才能を持った人やADHSなど日常生活に支障をきたす障害者さんもいますが

10,000人中 9,999人は普通の人です。

普通の人が結果を出し続けるには、身体を健康にし心を整えることがまず大事。

たったひとつの心を整えることが、大切なことなのです。

仕事に行きたくない辞めたいと毎日考えている仕事のできない人に足りてないたったひとつの考え方。~まとめ~

足成眼鏡スーツ女性15

仕事は大変です。嫌なことばかりです。嫌な人ばかりです。

ですが、まずは嫌という意味付けをしているのは自分の心であることを知りましょう。

相手は関係ありません。あくまで自分の心が嫌という意味をつけただけ。

嫌という意味付けをしって、心から少しだけ剝がしましょう。

嫌はなくなりません。でも心にべったりくっついているのもよくない。

嫌を心から剥がして自分の心を解放してあげてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-心を整える
-,

© 2021 サラリーマン生活大全 Powered by AFFINGER5