資格の学習 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士第1級の無線工学Aの予想問題。過去問から頻出問題を選出しました。

陸上無線技術士1級無線工学A予想問題

陸上無線技術士第1級の無線工学Aの予想問題を作りました。

試験当日の試験前に見直して、お守り代わりにでもしようかな、と。

嫌だという意味をつけたのはあくまで自分の心。

嫌だという意味付けに気付くと心から少しだけ剥がれて、心が少しだけ自由になる。

自分の感情に気付く。

ご機嫌の価値に気付く。

今までの努力を試験会場にすべて置いていく。

心を整えて、試験に臨みましょう。

陸上無線技術士第1級の無線工学Aの予想問題。過去問から頻出問題を選出しました。

足成眼鏡スーツ女性18

A-1 平成31年1月

1rikugi3101kogaku-a_A01
正答は 3

A多数決。

長く長いほど干渉を受けずらい。

A-2 平成29年7月

1rikugi2907kogaku-a_A02
正答は 5

高い周波数成分のほうが鈍感なのかな。

どちらかといえば。

音でも周波数が低い音ってのは火山の噴火の予兆だったりして、生物は敏感である、と聞いたことがあります。

A-3 平成28年7月

1rikugi2807kogaku-a_A03
正答は 4

AB多数決でCだけ外れている。

50%のときは1/8

100%のときは1/4

これは他問題、Bの問題でも選択肢として時々出てきたりします。

A-3-2 平成31年1月

1rikugi3101kogaku-a_A03

正答は 1

√√の9P

図は16点ありますが、√を一つ落とすと9か。

4の2乗=16 3の2乗=9

A-4 平成30年1月

1rikugi3001kogaku-a_A04
正答は 4

Aは多数決、長く長いほうが干渉の影響を受けにくいのか。

A-5 令和元年7月期

1rikugiR0107kogaku-a_A05
正答は 2

sincosが3つ項がありますね。

だいたいこういうときは「変わらない」

無線工学Bは少々毛色が違いますがね。

無線工学Aならほぼ「変わらない」

A-6 平成30年7月

1rikugi3007kogaku-a_A06
正答は 1

掛け算位相1。

暗記。

A-7 平成29年1月

1rikugi2901kogaku-a_A07
正答は 5

掛け算位相1

これはもうワンセット。

A-8 平成31年1月

1rikugi3101kogaku-a_A08
正答は 5

A多数決、BCは 1π、3π、5π、7π と並ぶ

A-9 平成30年1月

1rikugi3001kogaku-a_A09
正答は 5

2f-fで2+1=3 3次か。

変調、fm。

A-10 令和元年7月期

1rikugiR0107kogaku-a_A10
正答は 4

点線枠内が R5。

Cは引き算が無い。

A-11 平成30年7月

1rikugi3007kogaku-a_A11
正答は 2

秋分と春分。

A-12 平成27年7月

1rikugi2707kogaku-a_A12
正答は 2

計算は難しいのですが

1.6kWと1.6mの2乗で打ち消し

40dBと-80dBで2

20と覚えました。

A-13 令和元年7月期

1rikugiR0107kogaku-a_A13
正答は 3

送信電力を16倍にするとRmaxは2倍。

4倍が1.4倍か。

A-14 平成28年1月

1rikugi2801kogaku-a_A14
正答は 2

アンテナの利得を4倍に。

これは●覚え。

A-15 平成29年7月

1rikugi2907kogaku-a_A15
正答は 2

これは以下のB問題でも出てきてます。

本問題では、選択肢の内容は、誤りがひとつだけなので変わってますね。

どの~でも同一

という表現は大風呂敷を広げているので誤りの可能性が高いです。

A-16 平成30年1月

1rikugi3001kogaku-a_A16
正答は 2

横の図を見ると2セットあるような感じなので、これを2シンボル時間、と言うのかな。

A-17 平成29年7月

1rikugi2907kogaku-a_A17
正答は 2

8/15

これ、解説みてもよくわからなかったんですよね。

どうしたもんか。

問題文にあるのは 12dB log2=0.3か

0.3から3を抽出

12/3=4

8/4=2

15/3=5

8と15は3,4の倍数

値は1より小さい

こじつけで覚えるか。

A-18 平成30年1月

1rikugi3001kogaku-a_A18
正答は 1

入力、2はない、R1,R2

A-18-2 平成28年7月

1rikugi2807kogaku-a_A18
正答は 3

周波数掃引時間は、周波数分解能が高いほど短くする必要がある。

ってことですが簡単に考えて

綺麗に掃除するには時間がかかる

とすると

周波数分解能が高いってのは時間がかかるんですね。

だから誤り。

A-19 平成29年1月

1rikugi2901kogaku-a_A19
正答は 4

通過帯域幅充電及び放電時定数1

これも●覚えちゃいましょう。

A-20 平成30年1月

1rikugi3001kogaku-a_A20
正答は 1

長い最大 T/B。

Cだけ多数決から外れている。

A-20-2 平成31年1月

1rikugi3101kogaku-a_A20
正答は 3

これはもう問題の形で覚えた。

√があるが√がないのが正解だったかな。

B-1 令和元年7月期

1rikugiR0107kogaku-a_B01
正答は
ア 2 2.5Ghz
イ 2 どの帯域でも同一、というのは大風呂敷。
ウ 1
エ 1
オ 1

B-1-2 平成28年1月

1rikugi2801kogaku-a_B01
正答は
ア 1
イ 2 どの帯域でも同一とすることが可能である。大風呂敷を広げるような表現は誤りの可能性が高い。
ウ 1
エ 2 周波数ではなく時分割か。2択で間違いを作りやすい文章は間違えている可能性が少しだけ高い。
オ 1

B-2 平成30年1月

1rikugi3001kogaku-a_B02
正答は
ア 1
イ 2 周波数分解能が高いと雑音レベルは低いのか?
ウ 2 長くする必要あり
エ 2 高域フィルタじゃなくて低域フィルタか?
オ 1

B-2-2 令和元年7月期

1rikugiR0107kogaku-a_B02
正答は
ア 1
イ 2
ウ 8 足し算のほう
エ 9
オ 5 和ですね和

B-3 平成29年1月

1rikugi2901kogaku-a_B03
正答は
ア 2 オシロスコープが検知できるのは周波数関係か
イ 1
ウ 1
エ 2 スペクトルアナライザやFFTアナライザは入力信号に含まれる個々の正弦波の振幅と周波数を測定できる
オ 2

B-3-2 平成28年1月

1rikugi2801kogaku-a_B03
正答は
ア 6
イ 2
ウ 8 比率は大体「電力」が答え 平均電力とか
エ 9 √なしが答え
オ 5

B-4 平成27年7月

1rikugi2707kogaku-a_B04
正答は
ア 1
イ 7
ウ 3
エ 5
オ 9

B-4-2 平成28年7月

1rikugi2807kogaku-a_B04
正答は
ア 1
イ 1
ウ 2 縦横逆。横はタイミング。
エ 2 縦横逆。縦は信号レベル周波数特性。
オ 1

B-5 令和元年7月期

1rikugiR0107kogaku-a_B05
正答は
ア 1
イ 7
ウ 3
エ 4 利得を小さくすると安定動作するのか。
オ 10

B-5-2 平成30年1月

1rikugi3001kogaku-a_B05
正答は
ア 3
イ 9
ウ 5
エ 7 50%のときは 1/8 100%のときは 1/4
オ 1 3,8のいずれかですがどちらもsincosが3つあるかなと

陸上無線技術士第1級の無線工学Aの予想問題。過去問から頻出問題を選出しました。~まとめ~

足成眼鏡スーツ女性25

過去問から頻出問題のピックアップでした。

直前のお守りとしては役に立つかな。

まあ実際に問題が出ると全く違う様子でしょうからあくまで気休めです。

本番の空気を思い切り楽しみたいですね。

緊張度が高まることなんて日常でも限られてますので。

緊張できるのも貴重なタイミングですわ。

と、意味付けばかりせずに、やることをただやりましょう。

今に生きる、今に生きる。

すきやきしゃぶしゃぶ食べましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

※本記事はあくまで私の所見です。間違い等によって発生した不利益の補償は一切いたしません。

参考
陸上無線技術士1級の法規の予想問題集。過去問から頻出問題をピックアップ。
転職にも役立つローカル5g資格の陸上無線技術士1級。過去問から頻出問題を厳選した<無線基礎>
陸上無線技術士1級の勉強方法と時間短縮。過去問丸暗記で合格は難しいが頻出問題を選出した<無線工学B>

-資格の学習, 陸上無線技術士1級
-,

© 2021 サラリーマン生活大全 Powered by AFFINGER5