教養列伝

就活生の面接に思うこと。私ならこれを言われたら内定を出してもいい。

新人

どうも、サラリーマン生活もはや20年を迎えそうな あそお です。

就活生、というか私の会社に入社してくる新人さんがいらっしゃるのですが。

新人さんが働いている姿をみて、思うことがあったんですね。

とうぜん彼ら彼女らも面接を超えて内定を得て、うちの会社に就職したのでしょうが。

ちょっとこれ、全員に欠けているぞ、という要素を感じましたので意見してみます。

就活生の面接に思うこと。私ならこれを言われたら内定を出してもいい。

面接でよくあるパターン

昔から面接では必ず以下の2点を聞かれますよね。

・自己アピール
・志望動機

就活生がわも当然それはわかっており、事前に企業を調べたり、自分のアピールポイントを訴えるわけです。

私が若かりし頃、就活生だったこともそうでした。

ですが、いま思うと、私の場合はちょっとピントがずれていたなあ、と思い返したり。

それは最近の、就活を経て入社してくる新入社員にも同じことが感じられるのです。

それは何かというと。

きれいごとをならべすぎ

です。

自己アピールをしてみてください

学生時代にアルバイトしていました~その経験を活かして働く人との協力を・・・

とか。

弊社を志望した理由は何ですか?

御社の企業理念に共感して、私も~になりたいと思い御社を希望しました・・・

とか。

いや~私も就活の面接で同じようなことを言ってたので責める気はさらさらないのですが

・学生時代のバイトかあ、バイト気分で働くんじゃないかしらこのひと・・・
・企業理念?ああ、社長が勝手に掲げているあれね・・・抽象的なバズワードだわ・・・

とか、いま聞くとそんなふうに思ってしまいます。

なら、どうすればいいのか。

面接、私ならこう言う

今の私が大学生に戻って面接を受けるとしたらこう答えます。

自己アピールをしてみてください

生活費は奨学金でまかない、学業に専念していました。授業では~を工夫して・・・

弊社を希望した理由は何ですか?

私は建前を言うのが得意ではありません。

なので、正直に言うと、地元の会社で生活費を稼ぐためです。

仮に私を雇っていただいたとしたら、私の給料がHPで確認すると月〇〇円として、1時間単位に換算すると在籍するだけでコストが1時間あたり△△円発生します。

そのコストに見合う、また、それ以上の価値で働き会社に利益をもたらせることができるよう、一日も早く一人前になりたいです。

ちょっと生意気かもしれませんが、こんな感じで答えます。

私が最近の新入社員に足りないと感じたもの。

それは、コスト意識、です。

サラリーマンにコスト意識は大切

もちろん、まじめに

「私が座っているだけで1時間あたり〇千円が失われていく、ああ急がなきゃ!」

と、慌てて自分自身を追い詰める必要はありません。

ありませんが、

コストに見合う働きをするためには、どのように動かなければいけないのか

は意識すべきです。

新入社員をみていると、

雑談の時間が長かったり

わからないことを聞いてこなかったり

仕事が終わらなくても、報告もせずに早く帰ったり

と、そんなんばっかりです。

私の世代(就職氷河期世代)のように

仕事が終わらなければ家に帰らなくていい

と新人のころから言われてきた世代からすると

あんたら、どうやって会社の事業を継続させるつもりなんじゃ?

と思ってしまいます。

ただ家には帰ったほうがいい。

飯、フロ、寝る。

人間らしい生活、大事。

事業が継続できなければ、職を失うわけですから。

会社の奴隷に成れ

とは言いませんが

お給料をもらって生活は続けていかなきゃ

ですよね。

就活生の面接に思うこと。私ならこれを言われたら内定を出してもいい。~まとめ~

自分の生活環境を守る努力は最低限必要なんじゃないかなと思います。

コストに見合わなければ転勤や転部、給料カットにリストラ、なんてことになりかねません。

コストに見合った人材であれば、会社側も今の環境で働かせてくれるでしょうし。

ぶっちゃけ、みんな生活費のために働いているんだもんね。

なので、

生活を守るためにもコスト意識は最低限もっておこうや~

というお話でした。

-教養列伝
-, , ,

© 2021 SE列伝 Powered by AFFINGER5