仕事列伝

会社で若い人にバカにされて中堅社員の私が思うこと①

ストレスに潰れるサラリーマン

どうも、ダメポリーマンのあそおです。

私は要領が悪いです。

そして、管理職にあげてやろう、などと上司から言われている中堅社員です。

そんな私は他人からよくお叱りを受けます。

そんな様子をみて、若い人は私を軽蔑したのか、侮蔑したような笑みを含んで見てくることがあります。

会社で若い人にバカにされて、私が思うことを記載します。

会社で若い人にバカにされて中堅社員が思うこと①

怒られなければそれでいいのか

怒られなければそれでいい、というスタンスの人もいます。

わかりますよ。

怒られると自分の尊厳を傷つけられたような気持になります。

仕事中に怒られて何も言い返さなければ

ああ、怒られている人が悪いんだ

と何も知らない人は思うことでしょう。

しかし、誰かが怒るということは、「必ず怒った人が正しい」わけではありません。

また、怒られた人が言い返さないからといって、「怒った人が必ず正しい」わけでもありません。

ここで一句。

怒るのは自分の知恵の足りなさを認めるようなもの

これはソフトバンクの孫正義さんの言葉です。

私の周りの怒る人は、たいてい

「いくつかの正解の選択肢のうち、自分の好みの正解の選択肢を押し付けてくる人」

です。

私はマイペースな人間なので、問題解決にあたって、人の好みを忖度して決定することが非常に苦手です。

結果、怒る人の好みに合わないので怒られる。

それで怒られる私を見て、若い人はどうも鼻で笑ってバカにしているようなのです。

しかし若い人に一言いいたい。

あなたも、そんなに、忖度できているわけではないからね。

若い人の様子を見ていると、単に若いから許されているだけの人がたくさんいます。

特に若い女性。

そういう人達は若さを失った時に、いったいどうするのだろう、と思ってしまいます。

もっとも若い女性は

いずれは結婚すればいい

と思っているのかもしれませんが。

そんなことを言うとセクハラ?マタハラ?になるのでしょうね。

しかし「言い返す」ということはそういうことです。

怒られた時の「言い返し」を「ハラスメント」というこの風潮

ドラクエで例えると

チート的に先制攻撃でいきなり魔法使いにマホトーン決めといて力勝負を挑んでくる敵キャラ

みたいな人が世の中にはたくさんいるわけですよ。

なので

怒られている人が必ずしも悪いというわけではない

と私は思っています。

もちろん自分ではなく、他の人が怒られていても、私はその怒られている人自身の価値を下げて観ることは無いです。

明らかにサボっている場合は別ですが、人には人の事情があり、そこから決定される選択がある。

なので、軽率にその人の選択をバカにするようなことは、決してしたくないし、本来はあってはならないと思っています。

簡単に人をバカにする人は、簡単に人からバカにされてしまう人だと思う。

私はどちらも嫌なので、引き続き

軽率に人を判断しないように

事実関係を見誤らないように

油断せず、気を引き締めて業務に取り組みます。

足成-笠井枝理依-5

-仕事列伝
-

© 2021 SE列伝 Powered by AFFINGER5