教養列伝

嫌な人はなぜ嫌な人なのか。彼らに学ぶタカをくくる危うさと対処法。

足成-笠井枝理依-4

本記事では

困ったさん
すぐに人の粗を探して攻撃、いや口撃してくる人がいる。確かに自分に何かヌケがあったのかもしれないけれど、細かいことでそんなに怒らなくてもいいのに。どう対処すればいいのか?

というお悩みにターゲットしています。

私も性格的に雑な人間である、と自負しています。威張ることではないですが。

少々のことで怒らなくてもいいのに、とか、あなたそんな話を以前にしてた?、とか、思うことは度々あります。

もう細かいなあめんどくさいなあ、と思います。

なので、他人が怒ることも度々あります。

そんな時にどう対処すればいいのでしょうか。

一緒に考えてみましょう。

嫌な人はなぜ嫌な人なのか。彼らに学ぶタカをくくる危うさと対処法。

嫌な人間は細かい?

私から見ると、嫌な人間は、だいぶ細かいです。

なんでそんなことにこだわるんだろう、ということが頻繁にあります。

しかし、当の「嫌な人間」からすると細かいことではなく、大事なことだと思っている可能性が高い。

つまり、どうも私が嫌がる嫌な人、細かい人間は、私が取るに足らないと思っていることを大事だと思っている可能性が高い、ということです。

嫌な人間はおおざっぱ?

細かいことを言わなければ嫌な人間ではないのでしょうか?

では、おおざっぱな人間同士が集まって、物事にぬけがあってもお互いに「まあまあいいじゃないか」となだめて収める。

こんな関係をお望みでしょうか。

まあ、そんな関係は、いわゆる「楽な関係」かもしれません。

しかし、仕事で問題にぶち当たった時に、お互いが「まあまあ」と言って対策しないとどうなるのでしょうか。

それで許される仕事ならよいのですけどね。

もしあなたが、そんないい加減な対応で給料を得られる仕事をご存じならば、ぜひとも私に紹介してください。

雑な人間は「まあまあいいじゃないか」で自分に被害が及ばないうちは寛容ですが、自分に被害が及び始めると途端に顔色が変わります。

それを見た細かい人間は「そらみたことか」と思うわけですね。

人はタカをくくる

人間はタカをくくる生き物です。

いわゆるレッテル貼りです。

そうしないと、いちいち出来事をそのたびに判断していたら、エネルギーを使って大変です。

なので、

・たびたびミスをする人は、いい加減な人間であり、他人に迷惑をかける人だ
・たびたび細かいことで怒る人は、どうでもいいことにエネルギーを使う人であり、他人に迷惑をかける人だ

と、判断します。

他人に対してタカをくくってしまうと、一元的な対応しかできなくなります。

よって、細かい人はおおざっぱな人に対して、「どうせミスをするのだから」と強く当たってくるのです。

おおざっぱな人は、どうしても「細かいことの大切さ」がわからないので、いつまで経ってもミスをします。


タカをくくる危うさ

他人に対してタカをくくると、必要な時に協力を得られません。

たとえ、細かい人でも、大雑把な人でも、仕事を頑張っているわけであり、実績はあるはずです。

しかし、「タカをくくって」お互いの足を引っ張るようにエネルギーを消費するので、建設的な方向に向かいません。

他人に対して簡単にタカをくくる危うさとは、他人の協力を得られなくなること、他人にエネルギーを取られてしまうこと、そして現状の負の面を他人のせいにすることで自分自身は正しいと思い込んでしまうことです。

自分が正しいと思えば、被害者意識が高まります。

被害者意識が高まった人は、他人に対して攻撃的になります。

歴史的にみると、独裁者は、被害者意識が強い人、です。

ヨーロッパのとある独裁者は、自分の政治の失策で何十万人の死者を出して裁判にかけられた時に、泣き崩れるようにまず最初にこう言いました。

「私は被害者なんですよ」

タカをくくるとは、知恵を失うことであり、人間の悪い面を助長する性質です。

嫌な人に対する対処法

嫌な人と面と向かわないことです。

まずは逃げましょう。

話し合っても、どうせあなたも相手も変わる気持ちがないでしょうから、ギスギスするだけです。

そのうえで、ギスギスする原因を相手のせいにしないことです。

ギスギスするのは相手のせい、人のせい、自分のせい、ではなく、仕組みやルールの不足のせい、である可能性が高いです。

話は少し変わりますが、人類は現在も進歩を続けています。

1965年には、多くのアフリカ人が飢えていましたが、2020年現在では、日々の食べ物に困っているほど飢えているアフリカ人は激減しました。

私たち日本人とあまり変わらない生活をしている人も多数いらっしゃいます。

アフリカの近代化は目覚ましいです。

これはもちろん、人間同士が話し合って、資源をわけようじゃないか~とか言って、美しく解決したわけではありません。

ただただ、少しずつ少しずつですが、電気の普及や医療ワクチンの配布、教育の普及などにより、社会インフラが徐々に整ってきたことが大きな要因です。

人と人とが話し合って解決する、そんな可能性はかなり低いです。交渉術を知らない、習得していない人間同士が話し合っても、お互いがお互いの責任を責めるのが関の山です。

そうではなくて、嫌な人と面と向かうわけではなくて、あなたの環境にはただ単に「仕組みやルールが足りないのではないか」と考える。

話を頻繁に漏らすのであれば、メールや文書、チャットなどで情報交換できる仕組みが構築できないか。

細かいことや大雑把なことで揉めるならば、必要なことは何なのか、最低限の責任を明記して共有すればどうでしょうか。

最低限の責任を果たせば、個人の価値観で判断することを要因とした、誰かのミスを責めるような状況も少なくなります。

人間同士の問題は、お互いが話し合って解決することは稀で、解決要因はたいてい「仕組みやルール」を進展させる、明確にすることの要因が大きいです。

嫌な人はなぜ嫌な人なのか。彼らに学ぶタカをくくる危うさと対処法。~まとめ~

本記事では、嫌な人との付き合い方、対処法を記載いたしました。

人はすぐに他人のせいにしがちですが、まずいことがあった時にどちらか一方が完全に悪いということはほぼありません。

たいていはどちらにも何かしらの原因があります。喧嘩両成敗、ですね。

人間の本能として、簡単に他人の性質を決めつける、他人のせいにする、自分の被害者意識を高めてしまう、性質がありますが、その考え方は、独裁者への第一歩です。

自分自身が悪の性質に染まらないように、十分に気を付けたいものです。

悪に染まらないためには自分自身の心を正常に保つ必要がある。

私はこちらの方法を基に、日々心の修業中 でございます。

本記事で提案した内容があなたのお役に立てたならばこれほど嬉しいことはありません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

他のかたは以下の記事も読んでいます。

-教養列伝
-,

© 2021 SE列伝 Powered by AFFINGER5