教養列伝

いじめの原因は何なのか。なくならない理由と対処法。

言葉の暴力

本記事では

困ったさん
いじめはずっとなくならない。いじめられると辛いし誰かがいじめられているのを見るのも嫌だ。でもいじめられている人を助けると今度は自分がターゲットになりそうで怖い。でもいじめられている人を見捨てると自分も復讐されそうでそれも怖い。どうしたらいいのだろう?

というお悩みにターゲットしています。

いじめはずっとなくならない問題。その通りです。

しかしいじめを見るもの当事者になるのも辛い。

では、どのように対処すればいいのでしょうか。

いじめの原因は何なのか。なくならない理由と対処法。

いじめの原因

人間の歴史はいじめの歴史でもあります。

白色人種は有色人種を長い間いじめてきました。いや、現在進行形でいじめています。

強くて調子に乗った、あるいは狂信的な価値観をもった人は弱い人をいじめます。

では、なぜ人は人をいじめるのか。

原因その1、自分の立場を守るため

自分より弱くてダメな人間がいると、自分への攻撃が緩和されます。

これをスケープゴート(身代わり、生贄)といいます。

生贄といえば太古の昔から行われてきた習慣です。

つまり人は自分の立場を守るため、生きるために、誰かに、あるいは何かに責任転嫁する生き物なのです。

原因その2、暇だから

暇だから誰かをいじめる、と聞いてあなたはどう思いますか。

ずいぶんと、ひどい話、だと思うでしょうか。

しかし、人間は暇に耐えられないのです。

忙しさよりは、ずっと暇のほうが耐えられない。

あそお
私も長いサラリーマン人生で、夜眠る暇もないほど忙しい時期もあれば、何もすることがなくて会社のパソコンでひたすらゲームの攻略情報を検索していた時期もあります。※ここだけの話ですよ?

どちらが辛かったかといえば、思い返してみると後者のほうが辛かったです。つまりひたすらゲーム攻略情報検索。

そして、会社でリストラしたい人、やめてもらいたい人がいた場合、決して仕事をたくさん押し付けたり、激しく非難したりはしません。

リストラされる人は、仕事を与えられず、社内の人付き合い方も、うす~いものになっていきます。つまりはとても暇。

それほどまでに人間は暇に耐えられないのです。

だから面白いこと、楽しいことをしようとして、その方法の一つとして、自分の優位性を感じられて、かつ他人が苦しむ姿を楽しめる「いじめ」を行うのです。

原因その3、宗教上の理由

冗談で言っているわけではありません。本気です。

日本では宗教上の理由で誰かをいじめる、などという感覚はないでしょう。そういう民族ですから。

ただし白人は違います。

彼らは、食料を得るために動物を殺す権利を神様から与えられたのだ、と教えられている人もいます。

罪悪感を薄めるためです。

なぜそう教えられたのか。個人的には、宗教の偉い人たちが贅沢したいので、現場の人たちの罪悪感を薄めて自分たちがたくさんおいしいお肉を食べるためにそのような布教をした、と思っています。

そんな彼らが数百年前、世界に打って出ていろんな土地で現地住民、有色人種を見たとき。

「ああ、こいつらは劣っているから動物と一緒だ、準人間であり俺たちとは違うんだ」と認識しました。

よって、奴隷。搾取。

このように、いじめの原因には宗教が絡んでいる場合もあります。


いじめがなくならない理由

原因を考えれば明らかですが、いじめとは人間が生きていくために必要なものです。

自分の立場を守るため、自分の心を満たすため、食料や資源を得るため。

そう聞くと、生きていくために必要なものだと感じるのではないでしょうか。

多くの人にとって生きていくために必要だから、いじめはなくならないのです。

じゃあ禁欲すればいいのでは

その通りですが、人間は簡単に禁欲できません。

満足度低減の法則。

人は一度生活レベルをあげてしまうと、なかなか元の生活には戻れないものです。

戻れないどころか、長く現状維持を続けていると不満を感じるのです。

そして、不満を感じた人は、いきるために、何かしらの形で「いじめ」をはじめるのです。

禁欲ではなくて欲の低減を

禁欲は難しいですが、欲を抑える方法ならあります。

一番効果があるのは、「感謝する」ことです。

・何気ない1日であっても、平和に感謝する。
・誰かに何かをしてもらったら感謝する。たとえそれがいつも普通にしてくれていることでも。いや、いつもしてくれていることだからこそ。
・健康に感謝する。ちょっとした気配りに感謝する。感謝感謝。

また、世間で良いとされていることもいじめの原因になりえます。

向上心も「欲」であり、「欲」は不満を掻き立てます。

大きな目標を「夢」などと言っている人は、誰かをいじめやすい心の状態にあります。

しかし、そんな人でも感謝の心を忘れなければ、いじめに走る可能性は低くなります。

いじめられないためには

必死で、一生懸命に、生きることです。

・集団のなかで自分に与えられた役割を全うする
・感情を表に出す
・気心のしれた仲間を一人でもいいのでつくる

そして誰かがいじめられているところに遭遇した時は、できれば正面切って助けてあげてください。

正面切って助けるのが難しい場合は、いじめっこに見つからないように、陰から助けてあげてください。

それもできないなら、その場を去ってください。

もう、どうしてもダメなら、今の環境から逃げてください。

ここでいう逃げるとは死ぬことではありません。生活の場所を変えることです。

逃げるは恥だが役に立つ、です。

いじめの原因は何なのか。なくならない理由と対処法。~まとめ~

新人

いじめの原因は人間の心です。人間の心は生きるために8割方、悪で構成されています。

しかし8割悪だからといってあきらめる必要はありません。

残りの2割の善の心で立ち向かっていく、あるいは逃げおおせるのみです。

本記事で提案した内容があなたのお役に立てたならばこれほど嬉しいことはありません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

他のかたは以下の記事も読んでいます。

-教養列伝
-,

© 2021 SE列伝 Powered by AFFINGER5