資格列伝 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の過去問に挑む。平成30年7月期の法規を自己流解説しますpart1

陸上無線技術士1級平成30年7月期

陸上無線技術士1級に挑む。今回は平成30年7月期の法規の一部を自己流解説します。

令和2年度1月期からはじめて平成31年を経て、4期目に入りました。

ひとまず過去問を6期分やれば合格は固いのかしら?

とりあえず引き続き解説に取り組みます。

また、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

陸上無線技術士1級の過去問に挑む。平成30年7月期の法規を自己流解説しますpart1

過去問は

こちらのサイトさんにあります。

参考:電波受験界 第一級陸上無線技術士 過去の試験問題と解答(平成29年7月期~)

問題と解答はダウンロードしてみてください。

本記事では解説をします。

A-1

解答は 3。

この問題はみたことある。

選択肢は変わってますが、入れ替えただけですね。

記述が間違えている選択肢を選ぶわけですが

「基幹放送局」

の運営権を外国人や外国団体に与えてしまうと

中華人民共和国、中国共産党、習近平皇帝あたりがはりきって日本の無線を乗っ取りにくるので、そんなことしたらダメですね。

A-2

解答は 2。

この問題もみたことある。

字句 A

工事着手の期限を延期する、とか、やる気があるんですか、って話になりますので、正解は工事落成の期限、かな。

とりかかってるけど、ああ、事情があって完成を延期するしかない、という判断ですね。

字句 C

運用義務期間で縛るよりは、運用許容期間として、幅を持たせたほうがルールとしては運用しやすいと思います。

A-3

解答は 3。

調べてみるか。

一般財団法人 情報通信振興会

空中線の絶対利得 (Absolute Gain of an Antenna) 「基準空中線が空間に隔離された等方性空中線であるときの与えられた方向における空中線の利得をいう。」(電波法施行規則第2条第1項第75号)

「基準空中線が空間に隔離され、かつ、その垂直二等分面が与えられた方向を含む半波無損失ダイポールであるときの与えられた方向における空中線の利得をいう。」(電波法施行規則第2条第1項第76号)

実効輻射電力「空中線に供給される電力に、与えられた方向における空中線の相対利得を乗じたものをいう。」

3 は 絶対利得 じゃなくて 相対利得 ってことか。

A-4

解答は 1。

字句 A

免許の有効期間が10年ってあんまり聞かないような。

技術進歩も考慮すると5年くらいが妥当何ですかね。

字句 C

他が2年なので3年くらいかな、と思うのですが、免許の有効期間が5年なので、その他無線局は5年、ってことなのかしら。

字句 B

期限を切るよりは目的達成に必要な期間、としたほうがいいかしら。基幹放送局ですからなぁ。

A-5

解答は 5。

これは●覚えか。

あえて言うならば

字句 B

「他の無線設備の支障」は「電気通信業務の用に供する無線設備の機能に支障」を含んだ表現かなあと。

電気的常数ってなんでしょうね?

ん~ちょっと調べてみると、どうも受信空中線と電気的常数ってのがある程度、というか4ナノワット、以内に収まってないといけないと。

電気的常数ってのは何かしらの抵抗とかの値なんだろうなあ。インピーダンスか?

その値の差異が大きいとまずいってことは、抵抗の差か何かによって発生した電位差で他通信と混在してしまう、とかそういう不具合が出るんだと思います。きっとね。

4ナノワットはそうなんか~って感じ。へえ~って感じ。


A-6

解答は 3。

この問題はどこかでみたことある。

字句 A

100mくらいないと狭いかな。50mって意外と狭いですからね。←根拠なし

字句 B

これはもうね、我々が受験しているのは陸上無線技術士ですから。海空は別の資格です。

字句 C

総務大臣が全部指定するのは大変。総務省及び関係地方公共団体と規定すればオッケーでしょう。

A-7

解答は 2。

2の何かが間違えているらしい。

ん~

ん~

すみません、さっぱり見当もつきません。

どうもいろいろ調べていると

X7W: デジタルテレビ放送

とのことなので、

(6)テレビジョン(映像に限る)

というのがなんだか違和感があります。

あとは、Xという記号の意味は「その他」とのこと。

ならば、主搬送波を変調する信号の性質、または伝送情報の型式、あたりに「その他」とか「それ以外」という文言がなにかしら出てくるべきなのか?

ん~ほんとによくわかりません。申し訳ございません。

会社から過去問の解説もらったら再度確認してみます。

陸上無線技術士1級に挑む。平成30年7月期の法規を自己流解説しますpart1。~終わりに~

足成眼鏡スーツ女性5

自己流解説にそろそろ限界が出てきました。

会社の研修はあと半月後にあるのですが、そこで過去問と解説をいただけるらしいのでちょっと期待してます。

もらえる過去問解説集がわかりやすい解説だといいなあ。

次回、part2をお楽しみに。

※最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格列伝, 陸上無線技術士1級
-, ,

© 2021 SE列伝 Powered by AFFINGER5