資格の学習 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の過去問に挑む。平成30年7月期の法規を自己流解説しますpart2。

陸上無線技術士1級平成30年7月期

陸上無線技術士1級に挑む。今回は平成30年7月期の法規の一部を自己流解説します。

引き続き解説に臨みます。

自己流です。

また、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

陸上無線技術士1級の過去問に挑む。平成30年7月期の法規を自己流解説しますpart2

過去問は

こちらのサイトさんにあります。

参考:電波受験界 第一級陸上無線技術士 過去の試験問題と解答(平成29年7月期~)

問題と解答はダウンロードしてみてください。

本記事では解説をします。

A-8

解答は 4。

この問題も見たことがある。

選択肢の並びが違いますが、令和の問題だったかな。

下限30パーセントが違うんだったかな。

A-9

解答は 1。

これは●覚えでしょうか。

あえて言うならば

字句 B

一般公衆が使用する人工衛星局は、経度と緯度を定めてきっちり管理するってことか?

A-10

解答は 3。

字句 B

輻射特性って、ぐぐってみたのですが、熱に関する特性なのかな?無線電波としては指向特性、つまり向きの特徴が大事みたいです。

字句 C

無線って水平に飛ぶほうが重要ですね。垂直は縦ですので、ビルとかじゃない限り関係ないかな。

A-11

解答は 4。

無線従事者の免許証に関する記述ですね。

正解はなんぞな、と調べてみたのですが意外と骨が折れた。

参考:Wikipedia 無線従事者免許証

上記サイトに

無線従事者は、その業務に従事しているときは、無線従事者免許証を携帯していなければならない。 ただし、不携帯に関して罰則は無い

とありました。

提示じゃなくて携帯しとかなくちゃいけないってことですね。

運転免許証と同じか。

車内に提示するんじゃなくて携帯しとくわけですね。

A-12

解答は 2。

参考:総務省郵政事業庁 第五十四条

選択肢 2 は 第五十四条に関する記述ですが

「通信を行うため必要最小のものであること」

という条件が抜けてますね。

なので不正解。

空中線電力は必要最小のものであること。

確かに、無用な電波を飛ばされたら雑然としますからね。

だからこういう法規があるのですねえ。


A-13

解答は 1。

字句 D

移動するものに対しては規定しなくても移動するからいいじゃん、っと

字句 C

遭難だけじゃなくて、緊急、安全、非常通信に対しても例外は適用される、っと

字句 B

妨害を与えない機能を有する無線設備って何?

妨害を与えないように運用すればいいのでは?

A-14

解答は 3。

選択肢 1 は 暗号化された通信に限らず暗号化されてない(平文)の通信でも悪さしてはいけません。

あとは、これ、完全にカンなのですが

選択肢 1 と 選択肢 3 の後半が類似しているので、選択肢 3 が正解の可能性が高い。

選択肢2~4の冒頭が類似していて選択肢 1 が明らかな間違いである場合、

選択肢 1 と類似している 2~4のうちいずれか一番似ているものが正解、であることが多い、ような気がする。

陸上無線技術士1級に挑む。平成30年7月期の法規を自己流解説しますpart2。~終わりに~

足成眼鏡スーツ女性22

以下、流してください。

眠い。

疲れてきた。

だるい。

やりたくない。

しんどい。

逃げ出したい。

誰にも愚痴れないのでブログで愚痴ることにしました。

繰り返します、以上、流してください。

part2、終わります。

次回、part3をお楽しみに。

※最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格の学習, 陸上無線技術士1級
-, ,

© 2021 サラリーマン生活大全 Powered by AFFINGER5