資格列伝 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。平成29年7月期のpart1。

陸上無線技術士第1級無線工学基礎平成29年度7月期

キャリアも本格的に5Gの無線基地局を拡大していきそうな流れです。

陸上無線技術士1級に挑むことになりました。

今回は無線基礎の平成29年7月期を解説します。

今度は違う歯に虫歯&歯槽膿漏の疑いが。

歯磨きは大事ですね。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

  

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。平成29年7月期のpart1。

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

A-1

解答は 3

これ、ポイントは a,d,b間は正三角形になっている、ってとこです。

それでいくと

Q / 4πε0r

になる、っと●覚え。

cd間の電位差は

点電荷 / 4 × π × 真空の誘電率 × r

A-2

解答は 5

フーリエ級数。懐かしいな。大学の工学部の授業でありました。

これは、選択肢多数決の法則で行くと 3 と答えてしまいそうです。

解答集の解説をみても、解説がない・・・

ってことは●覚えしろってことかな。

ポイントは C ですね。

A-3

解答は 2

ん~どこかで見たことある問題です。

まあ、だいたいこういう問題では、距離 r は分母になります。

てことは、この時点で 2 か 4 ですね。

4rと4πIで係数としては 1 になるんですね。

で、この状態の係数としては 1 / √2 がポイントです。

この 1 / √2 は●覚え。計算するとちょっと大変です。

A-4

解答は 1

あ~見たことあるような問題。

形としては直列のコンデンサになるとのこと。

直列のコンデンサの合成抵抗は C = C1*C2 / C1+C2 になる

とか、論理を考えるといろいろあるようなのですが、違う観点で考えると

誘電率

ってのは、割合、比率、ということです。

つまり、2つの状態があるのであれば、分母は2つの差分になる可能性が高い。

よって 1,2,3 のいずれか。

多数決の原理でいけば、1,3のいずれか。

じゃあ d0 なのか d なのか

ってことなのですが、

変化後の値が「d」であることから 1 を選びます。

A-5

解答は 4

図をみると、うげえ、となりますが、

田んぼの田の字の合成抵抗は 3R / 2 になる

を覚えていると

Rab = R + 3R / 2 = 30 + 30 * 3 / 2 = 75Ω

A-6

解答は 4

計算式の結果の式だけ書きます。

A (R1 + R3) / R3 = 2

B (R1 * R2 + R2 * R3 + R3 * R1) / R3 = 150

C 1 / R3 = 1/50

D (R2 + R3) / R3 = 2

A-7

解答は 2

ん~どこかでみたことある。

A

Q = 1 / ω0 * C * R

ω0 = 2 * π * f0 = 2 * π * 100 / π = 200

単位を合わせてけいさんすると Q = 50

B

これはもう多数決の法則

C

共振時の電流 Io = V / R = 20 / 10 = 2

Rで消費される電力 P は

P = Io の 2乗 * R /2 = 2 * 2 * 10 /2 = 20


A-8

解答は 1

みたことある

でも順番が変わってる。

これ、値が大きいほど P は小さい

よって √3 の C が一番小さくて

1 の 方形波 が一番大きい

A-9

解答は 5

A は ●覚えですね。多数決の法則でもいける。

B,C みたことあるなあ。大体この手の問題は、空乏層が厚くなると、静電容量は小さくなるよ、って感じ。

A-10

解答は 2

これも多数決の法則でいけます。

A-11

解答は 1

式を●覚えですね。

ダーリントン接続。どっかで聞いたことある。

この時のベースエミッタからみた Cあたりの入力インピーダンス Zi は

Zi = Bあたりの入力インピーダンス + (1 + Bあたりの電流増幅率) × Eあたりの入力インピーダンス

A-12

解答は 3

進行波管は

らせん遅延回路を伝わる波と電子の移動との相互作用を利用

広帯域の増幅が可能

●覚え。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問解説。平成29年7月期の独学part1。~終わりに~

岡山城おうぎ

いや、眠いぞ本格的に。

というか50分で取り組むことができるのは、1期あたりの 1/3 くらいだなあ。

昨日もおとといも 75分くらい勉強したような気がする。

残業終わりの身体にはちときついぜ。

1/3ずつ part3 まで取り組むかなあ。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格列伝, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 SE列伝 Powered by AFFINGER5