資格の学習 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。平成29年7月期のpart3。

陸上無線技術士第1級無線工学基礎平成29年度7月期

今回は前回に引き続き無線基礎の平成29年7月期を解説します。part3です。

ローカル5Gってのはいつ普及するんだ?

と会社のお偉いさんが言ってましたが、それは時代の流れ次第。

コロナだからIT投資、とくに通信インフラなどのIT設備投資は盛んになるでしょうね、としか現時点では言えません。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。平成29年7月期のpart3。

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

A-20

解答は 5

引き算はともかく、2Rはどこから出てきた?

cosθ=1/2

になるらしい。

その時のθは60度だ。

交流電圧計が三角形に接続されてるからそうなるのかしら。

いや、cosθは力率らしい。

力率かあ、ふ~ん。

B-1

解答は

ア 6
イ 7 磁界の強さで 2πr が出てくるので分子に2か
ウ 4 正三角形の関係だからπの 1/3 か
エ 3 √3 と 解答 ア の掛け算かな
オ 5 それぞれが引き合ってるなら中心に力は向かうでしょう

B-2

解答は

ア 1
イ 5 電流になるのは 5,9,10
ウ 8 直列の電圧の合計です
エ 4 並列の合成抵抗です
オ 9 一番複雑な式であり、電流なので


B-3

解答は

ア 2 直列Rとダイオードは右肩段階あがり
イ 8 直列2つのダイオードは直角あがり
ウ 1 並列Rとダイオードはうなぎのぼり
エ 6 直列Rと理想ダイオードは0から右肩あがり
オ 9 並列Rと理想ダイオードは0から直角のぼり

B-4

解答は

ア 1
イ 1
ウ 2
エ 1
オ 2

●覚えかな。

ウとオが発振しないのって。。。

なんとなく ウ と オ の回路では Lの相方が居ないように見えるのは僕だけですか?

B-5

解答は

ア 6
イ 9
ウ 2
エ 4
オ 10

これも別の年で出た問題の出題形式が違うパターンかな。

暗記のために書いてみよう

コンダクダンスは S で A/V

インダクタンスは H で Wb/A

静電容量は F で C/V

磁束密度は T で Wb/mの2乗

電力は W で J/s

陸上無線技術士1級の基礎の過去問解説。平成29年7月期の独学part3。~終わりに~

足成眼鏡スーツ女性

part3は少し楽でした。

やっぱり1期あたり2回が妥当かもしれませんが、残念ながら残業と休日出勤続きだと、睡眠不足が顕著です。

眠い。

まあ、ぼちぼちやっていきますよ。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格の学習, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 サラリーマン生活大全 Powered by AFFINGER5