資格列伝 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-1問題。

陸上無線技術士第1級無線工学基礎A-1

陸上無線技術士1級の過去問を独学で解説します。

無線工学基礎です。

ひとまず平成27年7月期~平成31年1月期までの8期が終わりましたので、今回から横展開で復習していきます。

いっちょやってみっか。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-1問題

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

平成27年7月期のA-1

解答は 4

磁界の方向と電子の運動についての問題ですね。

円運動の半径 r は mv / qB で分子が 質量×電子の速度 なんですねえ。

円運動の角速度 ω は qB / m で質量に反比例するのですねえ。

値が変わるような問題でもないので●覚えです。

平成28年1月期のA-1

解答は 2

だいたい A は 95%の確率で多数決の法則で行けるので 2,3 に絞られます。

ここで注目すべきは

B を積分したものが C になる

ってことです。

じゃあ積分して分母の数字が同じになることってあり得るの?

と考えると、可能性は低いと想定できます。

よって、2が正解、と判断できます。

平成28年7月期のA-1

解答は 1

分母が 2r のものが2つあるので多数決の法則で 1,4 のどちらかと想定。

2πI と 2r の場合は √2か。

別の年の問題で√5が正解になるパターンもあったような気がする。

その時は 8πI と 4r だったかなあ。はっきりと覚えてない。

平成29年1月期のA-1

解答は 2

きれいに選択肢多数決の法則のとおり。

A,B,Cの解答それぞれは 他選択肢 3つ で列挙されてますね。

図と問題の様式、ガウスの定理、などキーワードを覚えたら

・B,C は 3乗 しかでてこないぜ!

・真空の誘電率 ε0 は分母だぜ!

と覚えます。


平成29年7月期のA-1

解答は 3

こういう問題が厄介だな。

多数決の法則がまるで使えない。

あ~あえていえばあれか、選択肢 5 のみ浮いてますね。

分子に 4 がきている。

これは

計算間違いによって分子に4が来ることを期待して用意した選択肢

であると想定するならば、正解は分母に 4がきている可能性が高い。

となると 3,4 のうちいずれか。

電位差としては 距離 r の2乗ではなくて 距離 r に反比例する と覚えれば 正解は 3 にたどり着く。

平成30年1月期のA-1

解答は 2

選択肢 A,B は多数決の法則でいけて C のみ違うってパターン。

でポイントは角度θ=π/4ってとこ。つまり45度で発出されていると。

その場合は

xm = ym / 2

になると覚えておけば B から C が求まります。

ちなみに今回の解答の 2 ってのは 1:1:√2 の斜辺の√2をとって

√2×√2 = 2

からきてるので 角度が π/3 だと 1:2:√3 の斜辺は 2 なので

2√2

という値が答えとして現れることでしょう。

π/4の√2はいいとして、他の√2ってなに

って話ですが、なんか難しい計算式で求めるみたいです。

平成30年7月期のA-1

解答は 3

A はいつもとおり選択肢多数決の法則。

B はですね、この手の問題では 距離 r は必ず分母にあるんです。

r に反比例するんですよ、電圧だの角速度だのってのは。

これで答えがでますが、選択肢 C も多数決の法則で行けますね。

平成31年1月期のA-1

解答は 4

はい、見たことある問題ですね。

平成29年1月期のA-1と同じですが選択肢の順番が変ってるだけです。

ガウスの定理で円の図が2つありましたら

選択肢 A は 多数決の法則

B,C は どっちも3乗 と覚えれば解けます。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-1問題。~終わりに~

岡山城土橋

はい、今回から各期を横展開で復習を兼ねて解説してます。

おもしろいですね、同じ問題が出てましたね。

縦に横に反復学習することで記憶に定着させていきましょう。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格列伝, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 SE列伝 Powered by AFFINGER5