資格列伝 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-3問題。

陸上無線技術士第1級無線工学基礎A-3

陸上無線技術士1級の過去問を独学で解説します。

無線工学基礎です。

ひとまず平成27年7月期~平成31年1月期までの8期が終わりましたので、横展開で復習していってます。

今日はA-3を対応します。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-3問題

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

平成27年7月期のA-3

解答は 4

これは値が変わる問題ではなさそうなので●覚え。

選択肢多数決の法則が適用しずらい。

分母は L ですね。

磁束φは距離に反比例するんですねえ。

あとは分子で掛け算か。

平成28年1月期のA-3

解答は 5

これも値は変わらないので●覚え。

4,5 が 類似してるのでどっちかかなあ、と予想します。

並列の場合、Cが分母でLが分子なんですね。

アールシーエルアールシーエル

・・・

アルシエル!!

平成28年7月期のA-3

解答は 4

えっと、これですけど、●覚えでもいいんですけど

1本の導線が同様構成の2本から受ける影響、なので

分子に 2 が出てくると思うんです。

この時点で 3,4 の2択。

あとはπがつくかつかんかって話ですが

問題文に真空の透磁率 4π×10のマイナス7乗

とあるので

πがつくんじゃね?

と思うのですが、解説を見てみたら この真空の透磁率ってのは一切出てきてないんですよ。

つまりひっかけか。

πがつかない、4が正解です。

√3ってのは、正三角形を真ん中から割った 30度、60度、90度 の三角形を考えると 縦のところが√3になるので、なんとなく出てくるんかしらという感じ。

平成29年1月期のA-3

解答は 4

選択肢多数決の法則は全く使えません。

しかも値が変って出題される可能性のある問題。

数値として表記されているのは

平均磁路長 l 50mm

鉄心の比透磁率 μ 1,000

空隙 lg 1mm

ですね。

計算結果の式だけ覚えておきます。

Ib ≒ Ia * (1 + (空隙 / 平均磁路長) * 鉄心の比透磁率 )

になります。

Ib ≒ Ia * (1 + (1 / 50) * 1,000 ) ≒ Ia * 21

になります。

ポイントは

Ib ≒ Ia * (1 + (空隙 / 平均磁路長) * 鉄心の比透磁率 )

ですね。

Ib ≒ Ia * (1 + ( lg / l ) * μ )

この形の式は他でもあったような・・・

う~ん思い出せません。


平成29年7月期のA-3

解答は 2

きたこれ。前のA-2だったかA-1だったかで出てました。

値は違いましたけどほぼ同じ問題。

まず、こういう問題ではだいたい r は分母にくるんです。

磁界の強さってのは距離に反比例するでしょうから。

あとは、4πIの4と4rの4で 1:1になるので 1:1:√2 の三角形を考えると

答えに√2が出てくるはず。

棒は1本なので 2√2じゃなくて√2のはず。

てことで 正解は 2

平成30年1月期のA-3

解答は 1

あれ、さっき見たような気がするけど微妙に違う。

4辺あるから 4が出てくるのか。

では 一辺が l なので 4l ってのが出るはずってことか。

平成30年7月期のA-3

解答は 1

A は 多数決の法則。

B は ですね、磁界中の中にあるってことは、変化が無いので 0V

ここまでで 1 と特定できます。

B が多数決の法則を外しているので C は多数決の法則に則っている可能性が高いことからも 1 の確信を深めます。

A,B,Cがあったときに、うち2つは多数決の法則が適用できる可能性が高い。

特に A で適用できる可能性は驚異の約95%です。

平成31年1月期のA-3

解答は 1

これも B だけ多数決の法則を外しているパターンですね。

A は多数決の法則で絞って 1~3 のうちいずれか。

あと注目すべきは

(4) の W1 = W2

です。

ということは A = B ってことですよね?

じゃあ 3,4 って明らかに変じゃない?

C は 3 でいうと 1/2 にはならんでしょ。なるなら2でしょ。

4でいうと Cは 2にはならんでしょ。1でしょ。

ってことで 3 は違う。

1,2 の 2択です。

で、正解の 1/2 ってのは

単位当たりのエネルギーを表現する式で 1/2 って出てくるんですって。

解説にはいきなり出てきてました、1/2。

じゃあ●覚えするしかないじゃん。

ということで 正解は 1。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-3問題。~終わりに~

足成眼鏡スーツ女性26

ふう、歯ごたえがありますね。

1回やってるはずなのですが、答えは覚えていても求め方まで覚えていない。

こちらは数稽古で引き続き 体 に染み込ませていきます。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格列伝, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 SE列伝 Powered by AFFINGER5