資格列伝 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-5問題。

陸上無線技術士第1級無線工学基礎A-5

陸上無線技術士1級の過去問を独学で解説します。

無線工学基礎です。

ひとまず平成27年7月期~平成31年1月期までの8期が終わりましたので、今回から横展開で復習していきます。

今日はA-5を攻めていきますよ~。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-5問題

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

平成27年7月期のA-5

解答は 5

これは b が右下にある場合、田んぼの田の合成抵抗は 3R/2 になるのですが

b が 左下にありますね。

これも計算すれば算出できるのですが

田んぼの田で 左上、左下部分の合成抵抗は

5R/4

と覚えたほうが早いです。

これ、Rの一部を2Rとかにされると辛いなあ。

選択肢多数決の法則では

4

を選んでしまいそうですしねえ。

ぐぬぬ。

平成28年1月期のA-5

解答は 4

a,bはなんとなく同じ値になりそうな気がしますね。

Δ-Y変換だと、R/3=30/3=10Ωになる模様。

Rxは

Rx * (10 + 20) = 18 * (10 + 15) ・・・(1)

Rx = 15

左辺に 20 があって足し算掛け算

右辺に 10,15があって足し算、18と掛け算

値が変って出題されそうな問題なので 式 (1)は覚えておかにゃいけん。

平成28年7月期のA-5

解答は 2

これはですね、2次方程式の解みたいな式を使うんですね。

Rab = (R1 + √( R1の2乗 + 4 * R1 * R2)) / 2 ・・・(2)

Rab = (100 + √(10000 + 4 * 100 * 39)) / 2

Rab = 130

となります。

式(2)は覚えておかにゃいけん。

平成29年1月期のA-5

解答は 5

これはまず電流の流れを追いかけます。

Voの抵抗に流れる電流は?

抵抗はすべてRなので電流は2分岐個所では半分になります。

40 がまず半分になって 20

次に 20が半分になって 10

田んぼの田の真ん中部分では

入力が2か所、出力が2か所

なのでつまりは電流は同じ

ってことで

Voに流れる電流は

10mA

になります。

よって

Vo = R * I = 2 × 10の3乗 * 10 × 10のマイナス3乗

=20V

になります。


平成29年7月期のA-5

解答は 4

あ~これはちらっと前半で説明しましたね。

田んぼの田の抵抗で左上と右下に端子がある場合、合成抵抗は

3R / 2

になります。

さらに抵抗 R があるってことは

R + 3R/2 = 5R / 2

5 * 30 / 2 = 75

です。

合成抵抗をまじめに求める場合は、田んぼの田を斜めきりして分割して変換して・・・

と長い道のりとなります。

平成30年1月期のA-5

解答は 3

ん~これは●覚えかなあ。

計算式や考え方もあるんですけどねえ・・・

7R / 8

が答えか。

あえていえば 5 は違うかな。ひとつだけ浮いてる。

他は分子が2ずつ増加してるのに。

で、1の 3R / 8

ってのもなんとなく抵抗が低くなりすぎてないかなあと。

なので

2,3,4

あたりで悩みますね。

田んぼの田の合成抵抗が 3R /2

なので感覚的にはこの構成だと R に近い値なのかなあと推測します。

であるなら

3,4

かなあ、と推測します。

これは解法をちゃんと覚えにゃいかんか?

変形して問題出してきそうだしなぁ・・・どうしようかなあ・・・

うむ~。

平成30年7月期のA-5

解答は 5

あれ、さっきみたな。

でも値が違うなあ。

a,bはあれだ、1/3になるので

45 / 3 = 15

Rx * (30 + 15) = 30 * (15 + 15)

Rx = 900 / 45 = 20

ですね。

さすがにさっきやったばかりなので式も覚えてました。

a,bが求まっただけでも

4,5

の2択になりますけどね。

平成31年1月期のA-5

解答は 3

あれ、さっきもみたな。

でもR2の値が 39じゃなくて24だ。

えっと、二次方程式か。

Rab = (R1 + √(R1 * R1 + 4 * R1 * R2)) / 2

= (100 +√(10000 + 4 * 100 * 24) / 2

= 120

と求まります。

もっともさっきの問題を覚えていれば

130より小さいことはわかるでしょう。

なので

1,2,3

のうちいずれかでしょう、と推測できます。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-5問題。~終わりに~

足成眼鏡スーツ女性26

類似問題が出てましたね。

同じような問題で値が変わっただけの問題が2つ出てたので僕は満足です(何

横展開に問題を解いていくのも楽しいですね~。

合わせて各期の過去問題も演習サイトで取り組んでいきます。

参考:陸上無線技士一発合格プロジェクト

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格列伝, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 SE列伝 Powered by AFFINGER5