資格の学習 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-6問題。

陸上無線技術士第1級無線工学基礎A-6

陸上無線技術士1級の過去問を独学で解説します。

無線工学基礎です。

暗記だけじゃなくてちょいっと工夫が必要な科目ですね。

今日はA-6を攻めていきますよ~。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-6問題

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

平成27年7月期のA-6

解答は 3

解説を読んでもさっぱりわからない。

グラフとベクトル図が解説されてたのですけどね。

さっぱりわかりませんでした。

多数決の法則で行くと

1

なんですけど、なんとなく外してきそうだな~という問題。

値が変わる問題ではなさそうなので●覚えでもいいんですけどね。

でもねえ。

位相差がπ/2ってことは実数と虚数のベクトルが90度違ってるんですって。

位相が遅れるってのもよくわからない。

位相に関しては頻出問題なので、ちょっと改めて別記事でしっかりと調査、考察してみます。

平成28年1月期のA-6

解答は 1

つい最近どっかで見た問題。

●覚えでもいいんですけどこれって

1~4までが√がついていて

5だけ√がついてない。

で、1,5の分母が同じような感じ。

この選択肢の並びなら、

1

が正解である確率が高いです。

1 に似ているのが 5 ですから、つまり間違いの選択肢ってのは間違いやすい選択肢、つまり解答に近いってことですので。

私が言ってる意味、伝わりますでしょうか?

平成28年7月期のA-6

解答は 5

図をみるとうへえとなってしまうのですが

選択肢多数決の法則で

3~5の分子が同じ

で1,2との分母の共通点で

3

を選んでしまいがちですがちょいまった。

電池の並びをみると直列+並列になってますね。

つまり並列の要素として

r だけじゃなくて ほげほげ r になる可能性が高いなあと思うんです。

じゃあそれが 2r なの 4r なのってことですが

なんとなく 5列に近いのは 4r かなあって。

なので 5 を選びます。

平成29年1月期のA-6

解答は 3

これ、どうしましょうかね。

解説がなんとも難しい。

値が変わるような問題でもなさそうだから●覚えかな。

R,C並列 の インピーダンス は下円の ∞ → 0 っと。


平成29年7月期のA-6

解答は 4

これ、多数決の法則が適用しずらい。

1,3,4

までは絞れますがどれやねんって感じ。

というわけで解法のうち結果の式を覚えましょう。

A

(R1 + R3) / R3 =2

C

1/R3 = 1/50

B

(R1*R2 + R2*R3 + R3*R1) / R3 = 150

D

(R2 + R3) / R3 = 2

結果の式だけ書くと上記です。

値が変っても式を覚えていればなんとか算出できるかな。

平成30年1月期のA-6

解答は 5

さっきも見たな。5です。

選択肢の順番は変わってますが同じこと。

√がついてるのが 2-5

√がついてないのが 1だけ

仲間外れの 1 と似ているのは 5

よって 5 を選ぶ

なんてね。

平成30年7月期のA-6

解答は 5

ノートンの定理ってのを使うらしいです。

短絡電流なるものを求めます。

V1 / R1 + V2 / R2 = 18 / 3 + 12 / 6 = 8 A

並列の抵抗は

R1 * R2 / (R1 + R2) = (3 * 6) / (3 + 6) = 2Ω

つまり Rの→が 2Ωになるときが一番電力を消費するんだってさ。理由は不明。

よって 8A が 2 分岐するので 4A

P = I * I * R = 4 * 4 * 2 = 32

となります。

ノートンの定理ってのがポイントなんでしょうなあ。

だれだノートン。セキュリティソフトか?

平成31年1月期のA-6

解答は 4

√がついてるのが 2つ ついてないのが 3つ

多数決の法則で 3,4,5 あたりが怪しい。

三角のこぎりなので 分母が 3R というふうに覚えました。僕は。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-6問題。~終わりに~

足成眼鏡スーツ女性13

今回の解説は苦しかった。

多数決の法則が使えないと式を覚えないといけませんです。

いや、多数決の法則は目安でしかないので、解法や式を覚えておくのが王道。

でも残念ながら僕は王ではなくサラリーマンです。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格の学習, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 サラリーマン生活大全 Powered by AFFINGER5