資格の学習 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-8問題。

陸上無線技術士第1級無線工学基礎A-8

陸上無線技術士1級の過去問を独学で解説します。

無線工学基礎です。

ひとまず平成27年7月期~平成31年1月期までの8期が終わりましたので、今回から横展開で復習していきます。

今日はA-8を対応していきます。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-8問題

過去問は

無線従事者国家試験問題解答集 第一級陸上無線技術士(平成27年7月期から令和2年1) 一陸技

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

平成27年7月期のA-8

解答は 2

2,3,4 と 同列の値が分母に並んでいますね。

なので、1 ~ 3 に正解がある可能性が高い。

で、他の期でもこの問題は出ていてですね。

僕は

三角形のグラフなので 分母が 3 と覚えています。

計算式は難しそうですね。

平成28年1月期のA-8

解答は 4

のこぎり派 √3 Pa

正弦波 √2 Pb

方形波 1 Pc

で、この問題は

値が大きいほうから小さくなっていく順番に並ぶ

ようです。

なので

Pc > Pb > Pa

になります。

平成28年7月期のA-8

解答は 2

R は 分子の掛け算ではなくて分母ですね。

平成29年1月期のA-8

解答は 4

これは選択肢多数決の法則通りなんですねえ。

選択肢 A は そうなる可能性が高いので

3,4,5

のうちいずれかですね。

位相に関してはですね

実はよくわかっていないので頻出問題ということもあり、別記事で改めて解説したいと思います。

交流回路のときの仕組みなのでしょうね。

平成29年7月期のA-8

解答は 1

これはさっきも見ましたね。

√3 三角波 Pc

√2 正弦波 Pa

1 方形波 Pb

Pb > Pa > Pc

で解答は 1

平成30年1月期のA-8

解答は 4

これも昨日 どこかの期の A-7 で見たような気がします。

f1のときの電力ということですが

電力って

電流 * 電流 * 抵抗

なので

f1 のときの電流が I0 / √2

1/√2 * 1/√2 = 1/2

みたいになるってことはきっと

2

が出てくるんだろうなあと。

抵抗が 10Ω なので

2 * 10 = 20W

みたいなことになるのかなあと。

平成30年7月期のA-8

解答は 4

これはさっきみたぞ、と思ったら 2 が正しく

√(L/C) / R

になってますね。

選択肢 4 が変更されてます。

共振したときは VLc は 0V になるんですね。

平成31年1月期のA-8

解答は 5

選択肢多数決の法則で B,C がいけます。

で、問題の値なのですが

抵抗    2Ω
静電容量  0.1μF
自己インダクタンス 1mH

とありますので

4 とか 40 とかいう値は

抵抗が2乗になるか、

計算式の定数か何かに 2とか4が出る

ということになるのですが

このシンプルな回路構成で、そういうことになるかなあ、と考えると、まあならないかなと。

なので 50/π のほうを選択します。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-8問題。~終わりに~

足成眼鏡スーツ女性12

ふう、今日は仕事で意識違いがあって凹んでいたところでしたが、気力を振り絞って問題に取り組みました。

途中仕事の報告もしながら勉強していたので、学習時間は60分。

こういう毎日の地道な取り組みが力になっていくのですね。

学習習慣は、むしろ、しんどい時こそ継続することが大事だと思いました。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格の学習, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 サラリーマン生活大全 Powered by AFFINGER5