資格の学習 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-12問題。

陸上無線技術士第1級無線工学基礎A-12

陸上無線技術士1級の過去問を独学で解説します。

無線工学基礎です。

ひとまず平成27年7月期~平成31年1月期までの8期が終わりましたので、今度は復習を兼ねて横展開で解説してます。。

今日はA-12を攻めていきますよ~。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-12問題

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

平成27年7月期のA-12

解答は 3

Aは選択肢多数決の法則

磁界に作用が起こる場合は、直角とかなんとか。

逆に 0V など作用が起こらない場合は磁界中の動作の場合在り。

Bは、広帯域と言えば ラ旋遅延回路 狭帯域と言えば 空洞共振器

Cは静電容量か~って感じ。

平成28年1月期のA-12

解答は

Rb = Vbc / Ib

電流増幅率は 150 なので

150 * Ib = Ic

Ic = 1.5 * 10のマイナス3乗

Rb = (V - Rc * Ic - Vbe) / (Ic / hfe) …(1)

Rb = (16 - 4 * 10の3乗 - 1.5 * 10のマイナス3乗 - 0.6) / (1.5 * 10のマイナス3乗 / 150)

= 9.4 * 10の6乗 = 940kΩ

式(1) がポイント。

電圧は V から引いていくんですね。

電流は Ic かける 増幅率か

平成28年7月期のA-12

解答は 2

選択肢多数決の法則っすね。

A は 1,2,3のいずれか

B は 1,2のいずれか

C は電気抵抗で 2

サーミスタは温度の変化に対して電気抵抗が変化するんですねえ。

エアコンで使ってるらしい。

バラクダダイオードは電圧の変化に対して静電容量が変化するんですね。

バリスタは電圧に対して電気抵抗が変化する。回路を保護する役割があるとのこと。

平成29年1月期のA-12

解答は 5

さっきもみたな。

順番が変ってますが解説としては同じです。


平成29年7月期のA-12

解答は 3

進行波管じゃなくて二極管だと思います。

頻出問題。

平成30年1月期のA-12

解答は 3

P,Nが逆です。

類似問題がいくつかあるのでややこしいですが、覚えてきましょう。

平成30年7月期のA-12

解答は 2

さっきもみたような。

Rb = (V - Rc * Ic - Vbe) / (Ic / hfe)

= (10 - 4 * 10の3乗 * 1 * 10のマイナス3乗 - 0.6) / (1 * 10のマイナス3乗 / 200)

= 5.4 * 200 * 10の3乗

= 1,080 kΩ

を、計算でけたw

式(1) が大事ですね。

平成31年1月期のA-12

解答は 1

おお、また類似問題が。

Ic = Ib * 200

2 = Ib * 200

Ib = 0.01

Rb = (V - Ic * Rc - Vbe) / Ic * hfe

= (10 - 2 * 10のマイナス3乗 * 2 * 10の3乗 - 0.6) / (2 * 10のマイナス3乗 / 200)

= 5.4 * 100 * 10の3乗

= 540 kΩ

う~ん計算で算出できると気持ちがいいですね。

選択肢多数決の法則で 1,2 までは絞れますよ~。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-12問題。~終わりに~

岡山城本丸庭

今回は類似問題のオンパレードでした。

トランジスタの自己バイアス回路についての問題ですね。

頻出問題のようなのでしっかりと押さえておきましょう。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格の学習, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 サラリーマン生活大全 Powered by AFFINGER5