資格の学習 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-15問題。

陸上無線技術士第1級無線工学基礎A-15

陸上無線技術士1級の過去問を独学で解説します。

無線工学基礎です。

ひとまず平成27年7月期~平成31年1月期までの8期が終わりましたので、横展開で復習してますよ~。

今日はA-15を攻めていきますよ~。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-15問題

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

平成27年7月期のA-15

解答は 2

選択肢多数決の法則。

2,3までは絞れます。

これ、覚えるのつらいなあ。

Vo は

入力があみあみなので出力もあみあみ

と覚えておこう。

平成28年1月期のA-15

解答は

昨日やったな。

式④から

C の hie を無視して B と同じになる選択肢は

1,4

む、ひとつに絞れませんでした。

選択肢多数決の法則で行けば

4

ですね。

Aが多数決通りの確率は95%です。

平成30年1月期のA-14に似てる問題かあ。

Aの係数で

2

というのは出てきてませんね。

どこから出てきたのか・・・悩んでしまいます。

平成28年7月期のA-15

解答は 5

選択肢多数決の法則で

5

と絞れるのですが

2

がかなり気になってしまいました。

CとR構成のところで√が出てくるのかなあと。

ん~解説を見てみたのですが

発振状態なので虚数部が 0 になる

ってとこがポイントなんですかね。

平成29年1月期のA-15

解答は 4

これもどっかで見た問題。

√は6にしかかからないのよ~

2πがあるんですね。

あとは多数決の法則頼み。


平成29年7月期のA-15

解答は

これまた厄介な問題。

解答を見ると

3,4,5

が等間隔で束になってるので正解はこのあたりかなあと。

① dBについて覚えよう

計算式あるんすけどね。

暗記しちゃいましょう。

6 db ⇔ 2 倍

20 db ⇔ 10 倍

34 db ⇔ 50 倍

60 dB ⇔ 1000 倍

34dbはですね

20db + 20db - 6db = 10 * 10 / 2 = 50倍

になるんす。

つまり db計算では

足し算が倍数では掛け算

引き算が倍数では割り算

になるようです。

② 計算しよう

解法は2つあるみたいですが簡単な方を覚えます。

fh = 60dbの時の倍数 * 60dbの時の周波数 / 帰負還をかけた時のdbの倍数

で求まるらしい。

となると

fh = 1,000 * 1,500 / 50 = 30

となるそうな。

平成30年1月期のA-15

解答は 5

おお、論理回路きた。

全部確認するのがめんどくさい。

類似回路を探すと

1,3,5

か。この辺から確認していこう。

5は合ってるなあ。

1・・・も合ってるな。

あれ、3も合ってるな。

あれ、2,4も確認したが合ってるような気がする

うむむ。やっぱり暗算では厳しいか。

これ、排他的論理和の否定

XNOR(排他的論理和の否定)

という構成らしいですね。

う~んどうしたものか。

(否定 A and 否定 B) or ( A and B)

ん~ひとつずつやったほうが早いか?

左上の部品を①
左下の部品を②
出力結果 X

としてそれぞれの出力をまとめると

1

00 → ① 0 ② 1 X 1
01 → ① 0 ② 0 X 0
10 → ① 0 ② 0 X 0
11 → ① 1 ② 0 X 1

2

00 → ① 1 ② 0 X 1
01 → ① 1 ② 1 X 0
10 → ① 1 ② 1 X 0
11 → ① 0 ② 1 X 1

3

00 → ① 1 ② 0 X 1
01 → ① 1 ② 1 X 0
10 → ① 1 ② 1 X 0
11 → ① 0 ② 1 X 1

4

00 → ① 0 ② 1 X 1
01 → ① 0 ② 0 X 0
10 → ① 0 ② 0 X 0
11 → ① 1 ② 0 X 1

5

00 → ① 1 ② 1 X 1
01 → ① 1 ② 0 X 0
10 → ① 1 ② 0 X 0
11 → ① 0 ② 0 X 0

ん~5ですね。

5だけ X の並びが違います。

1 から順番に確認すると 5まで確認しなきゃでした。

は、もしやそれが出題者の狙い・・・?

5は合ってるなあ

とぱっと見で判断した僕はいったい何を確認したんですか?

平成30年7月期のA-15

解答は

ああ、また論理回路きたこれ。

これもあたりをつけるかあ。

なんとなく 5 のような気がする

5

A・Bを①
2項目を②
3項目を③

00 → ① 0 ② 0 ③ 1 → 論理和 1
01 → ① 0 ② 1 ③ 0 → 論理和 1
10 → ① 0 ② 0 ③ 0 → 論理和 0
11 → ① 1 ② 0 ③ 0 → 論理和 1

論理回路は

00 → 0
01 → 1
10 → 0
11 → 0

お~ヒットか、5が違うだろこれ!

まあ、5である根拠は

1から計算させて一番後ろだから

4がいかにも大変そうでかつ否定部品が入っていて、5にも入っているから類似性あり

なのですが。

つまりこの手の問題では 1 からではなく 5から確認すると回答に早くたどり着けるのかもしれないですね。

2 か 5 が正解の確率が高いような気がする。

平成31年1月期のA-15

解答は 2

観たことある問題。

RFが A分子 B分母 Cは引き算

と覚えてます。

選択肢多数決の法則が A で適用されない珍しい問題です。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-15問題。~終わりに~

足成-笠井枝理依-4

はあ、論理回路をまじめに解くと大変。

なんせパターンが多いですからね。

こんなんで多いとか言ってると笑われるでしょうか。

でもコツがわかったのでよしとしましょう。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格の学習, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 サラリーマン生活大全 Powered by AFFINGER5