資格列伝 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-17問題。

陸上無線技術士第1級無線工学基礎A-17

陸上無線技術士1級の過去問を独学で解説します。

無線工学基礎です。

ひとまず平成27年7月期~平成31年1月期までの8期が終わりましたので、今回から横展開で復習していきます。

今日はA-17を攻めていきますよ~。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-17問題

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

平成27年7月期のA-17

解答は 3

3つ解答を選ぶこの問題のようなパターンでは

選択肢多数決の法則から1つだけ外れている

ってパターンが多いんですね。

で、外れているのは

C 波形率

です。

波形率は変換で出てきますが波高率は1発変換できません。

平成28年1月期のA-17

解答は 2

(Cv - 4 * 共振時のCv )・・・式(1)

(480 - 4 * 114) / 3

= 8

です。

式(1)は値が変ってもいいように●覚えです。

平成28年7月期のA-17

解答は 1

早速きたか

(Cv - 4 * 共振時のCv )・・・式(1)

(154 - 4 * 34) / 3 = 6

平成29年1月期のA-17

解答は 4

直流じゃなくて交流ですね。


平成29年7月期のA-17

解答は 4

① 各電圧計で測れる最大電流を求める

I1 = 30 / 30 * 10の3乗 = 1 * 10のマイナス3乗 = 1mA
I2 = 100 / 200 * 10の3乗 = 0.5 * 10のマイナス3乗 = 0.5mA
I3 = 300 / 200 * 10の3乗 = 1.5 * 10のマイナス3乗 = 1.5mA

ということは

計測できる状態でいえば

0.5mA

流れた時が最大。

これ以上電流を流すと 電圧計 V2 がメータを振り切ることになるのでイケナイことになるのでしょうな。

② 0.5mA流れた時の各電圧を求める

V1 = 0.5 * 10のマイナス3乗 * 30 * 10の3乗 = 15
V2 = 0.5 * 10のマイナス3乗 * 200 * 10の3乗 = 100
V3 = 0.5 * 10のマイナス3乗 * 200 * 10の3乗 = 100

③ 各電圧を合憲する

合計 215V

になります。

まじめに解説しました。

平成30年1月期のA-17

解答は 1

問題の図とグラフを覚えます。

図はダイオード4つがぐるぐる。

グラフは網の目のような感じ。

で、式を覚えます。

方形波最大電圧 / 1.11

が答えになります。

5 / 1.11 ≒ 4.5

です。

ざっくり覚えるなら

問題文の電圧よりちょっとだけ小さくなる

と覚えます。

平成30年7月期のA-17

解答は 3

交流回路の電流なので、波が出てきて√が出てくるでしょう。

山が2つあるので

2√2

と覚えました。

選択肢類似性の法則で言えば

3,4

が怪しいです。

平成31年1月期のA-17

解答は 5

ついさっきやりましたね。

18 / 1.11 ≒ 16.2

です。

1 の 4.5V

は答えを丸暗記してる人を間違えさせるための選択肢ですね。

なので、式を覚えとくと迷うことが無い

ということになります。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-17問題。~終わりに~

足成眼鏡スーツ女性26

元日の勉強でした。

A-17まで来ましたね。

もう少しだ。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格列伝, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 SE列伝 Powered by AFFINGER5