資格列伝 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のB-05問題。

陸上無線技術士1級の過去問を独学で解説します。

無線工学基礎です。

ひとまず平成27年7月期~平成31年1月期までの8期が終わりましたので、復習を兼ねて横展開してます。

今日はB-05を攻めていきますよ~。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

  

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のB-05問題

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

平成27年7月期のB-05

解答は

ア 6 1 or 6 分子 が 足し算ですね。
イ 7 2 or 7 R1R2 は セットですね。
ウ 3 3 or 8 R1R2 は セットです。
エ 4 4 or 9 9と間違いやすいですが、ウと同じくこちらも掛け算になるんですね。
オ 5 5 0r 10 Cs と Rs はセットです。

平成28年1月期のB-05

解答は

ア 8 3 or 8 小さくなるんですね。
イ 7 1 or 7 図1の話なのでV1 引き算が正解。
ウ 6 これ、抵抗値が入るのですが抵抗値が RA しかないのです。
エ 4
オ 2 エとまとめて覚えましょう。図2の方法が電圧降下法。

平成28年7月期のB-05

解答は

ア 7
イ 5
ウ 10
エ 2
オ 8

えっと、昨日か一昨日か

B-03かB-04で解説したのですが

ポイントを改めて解説します。

① 直流回路の電流の流れ具合は抵抗に反比例する。

例えば

2つの分岐があって

どちらも抵抗 R の場合

電流は

1:1

に分岐します。

片方の抵抗が 2R の場合

2:1

に分岐します。

抵抗Rの分岐のほうにより多くの電流、 2 の電流が流れます。

・抵抗が低いほうが電流が流れやすい。
・抵抗値が大きくなると電流は流れにくくなる。

② 並列の合成抵抗

並列の合成抵抗は

R1 * R2 / (R1 + R2)

です。

③ 電流計で測れる最大値

抵抗の低いほうに最大電流が流れます。

図3でいえば、

A1の電流計のほうの内部抵抗のほうが低いので

A1に最大メモリの 10mA が流れます。

その時 A2 に流れる電流は

A1 内部抵抗が 2Ω の時に 10mA 流れてるので

A2 内部抵抗が 4Ω の時は 何mA 流れるでしょうか?

① 直流回路の電流の流れ具合は抵抗に反比例する。

によると

2:4 = 1:2

抵抗の低いほうにより多くの電流が流れるので

10 / 2 = 5mA

が A2側、4Ω側に流れる電流になります。

A2側の方が抵抗が大きいので電流が流れにくいです。

つまり

10 + 5 = 15mA

ってことです。

平成29年1月期のB-05

解答は

ア 6 1 or 6 1/3 だの 3ωt だの で 3 と覚えました。
イ 2 これ悩みますね。 ア の 3 を活かしつつ √2は実効値っぽい、と覚えてます。
ウ 8 3 or 8 平均値が実効値か問われる問題は 90%の確率で 実効値 が正解。
エ 9 4 or 9 3があるんですよ、3が。
オ 10 5 or 10 1/2*√2

オが間違いやすいですね。

問題文の式に2項あるから 1/2*√2 と強引に関連づけました。


平成29年7月期のB-05

解答は

ア 6 S コンダクタンス? S は AVの割り算です。 Sものを撮影したんでしょう。
イ 9 H ヘンリーは、ウブなあいつの割り算です。
ウ 2 F ファラドは、C ちっちゃい V ボイス の割り算と覚えます。
エ 4 T テスラーは、ウブなオメメの割り算です。
オ 10 W ワットは、J じゃま S するなよ の割り算です。ワット、いじられやすいキャラです。

平成30年1月期のB-05

解答は

ア 5

電流計の内部抵抗が 9Ωです。

そこに 0.5mA 流れます。

てことはですよ。

R1には 5 - 0.5 = 4.5mA 流れます。

抵抗の比率で考えると

抵抗値が高いほど電流は流れにくいです。

9Ωのときに0.5mA ならば

4.5mA流れる抵抗は 9 / (4.5/0.5) = 1 Ω

となります。

イ 10

ん?内部抵抗は 9Ωだから 9Ωじゃないの?

と思ったですが違うみたい。

いや、問題文をよく見ると

0.5mA の時は 内部抵抗が 9Ωになるんだぜ

ってことですね。

なら

5mA の時は 0.5mAの時に比べて電流が10倍流れやすいってことです。

つまり抵抗が 1/10ってことで

9 / 10 = 0.9Ω

ですね。

よく見なさいよ問題文をぷんぷん。

ウ 3

R3と R2 の間から 一番右の + アース つまり 0V

のところまでが 3V

ですね。

① 電流計 A にかかる電圧 VA は?

VA = 9 * 0.005 = 計算がめんどくさいけどすごく小さい値

② R2 にかかる電圧 V2 は?

①がすごく小さいので

V2 = 3Vよりちょっと小さい値

とします。

R2 = V2 / 5mA = 3V / 0.05A = 600

抵抗R2は 600より

ちょっとだけ小さい値

です。

エ 1

R3 は 27V に対して 5mA 流れる

のだな。

R3 = 27 / 0.05 = 27 * 200 = 5400 = 5.4kΩ

です。

オ 7

え、

内部抵抗 = 30 V / 0.05 A = 6000Ω = 6kΩ

ではダメですか?

合ってますね。

直流回路の基本的な問いですね。

平成30年7月期のB-05

解答は

ア 6
イ 2
ウ 8
エ 9
オ 5

これ、ついさっき本記事の前半で解説しましたね。

さすがにわかりました。

平成31年1月期のB-05

解答は

ア 1 分子が足し算
イ 7 R1R2はセット
ウ 3 R1R2はセット
エ 9 R1R2はセットで Lxに対しては掛け算になります。
オ 10 RSCSはセット

あれ、これも前半でやりませんでしたか?

いや、回路の構成が少しだけ違ってますね。

亜種ですね。

新規問題もこうやって

過去問を少しだけずらしてくる

んでしょうね。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のB-05問題。~終わりに~

はい、今日で8期分の横展開が終わりました。

次回からは

・頻出問題
・計算問題
・いままでよく間違えた問題

を中心に復習を開始します。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格列伝, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 SE列伝 Powered by AFFINGER5