資格の学習 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。令和2年1月期のフォロー。

陸上無線技術士第1級無線工学基礎令和2年1月期に挑む

昨日は令和2年度1月期の無線基礎の過去問を模試代わりに実施しました。

結果は 91点。

合格でしたが黄色判定です。

今回は実施した結果、僕が間違えた問題をフォローしていきます。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

  

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。令和2年1月期のフォロー。

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

A-1

僕は

多数決の法則通り

に 5 を選びましたが正解は 3。

Cについて√3が出てくるかどうかがポイントですね。

解説をみると計算式はあるのですが

π/6 = 30度

ということで

1:2:√3

の√3

が必要だと覚えておきます。

A-6

僕は L,C ともに共振時に電圧 0 Vになるのか?

と考え 3 を選択しました。

位相差がπradで大きさが等しければ

0V

になるそうです。

間違いは選択肢 2

割り算ではなく掛け算

× Vの絶対値 / Q
〇 Q * V

実は選択肢類似性の法則で考えると

2,3

は類似しているので怪しい。

3を選ばないようにしないとなあ。

A-7

B,D両方が選択肢多数決から外れてますね。

これは今後の出題で

100Ω

の値が変って出てくることがありそうですね。

ポイントを覚えましょう。

① AとDは同じ

A

(R1 + R3) / R3 = (100 + 100) / 100 = 2

D

(R2 + R3) / R3 = (100 + 100) / 100 = 2

② C

1 / 100

ここまででも 3,5 が残るので多数決の法則なら 5 を選んでしまいそうだ。

③ B

(R1R2 + R2R3 + R3R1) / R3 = 3*100*100/100 = 300

この式を●覚えですね。

これ、どこかでやったなあ。

どこだ?

ここか。

参考:
陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-6問題。

平成29年7月期の A-6 ですね。

さっぱり覚えていなかった。

こういう問題を確実にとっていけることが大事。

計算問題をまとめた記事作成の必要性を痛感しました。

A-13

多数決の法則で

3

を選んだのですが正解は

2

Aは R2 * hfe ですね。

Bは hie / hfe

Cは 解説観たけど複雑。

1 or 2 なわけですが、

電圧増幅度なのに

1

になるんですね。

選択肢としても 1 が3つあるので多数ですが

電圧増幅度で 1

は選びずらいなあ。

あ、この問題に限って言えば

A,B

が選択できれば解答できますね。

これも以前類似問題をやってました。

参考:
陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-13問題。

平成29年1月期のA-13と同様の問題。

A,Bが算出できれば解けました。

やっぱり増幅度は 1 なんですね。

増幅度が 1。

ここ迷いそうです。

A-18

多数決の法則で

1

を選びましたが正解は

3

オシロスコープの問題ですね。

図1では、縦と横の周期をみます。

縦は 8の字 で 1周期。

横は 2周期です。8の字の1周期の間に 反復横跳びを2回している感じ。

なので X 2周期の間に Y 1周期なので

1kHz の半分 0.5kHz

が答えになります。

Bは多数決でいくか。

横と縦ですが

縦 2 横 1 で 周波数は X 2 Y 1

類似問題は

参考:
陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-20問題。

平成28年7月期のA-20

が該当しますね。

こちらは

縦 3 横 2 で 周波数は X 3 Y 2

で 4 * 1.5 = 6

か。

A-19

これも多数決の法則で

4

を選んでましたが正解は

1

もっとよく見ましょう。

Aでいえば多数決では

1,4,5

Bでいえば

1,2 と 3,5 がグループ化されてます。

この時点で

1,5

です。4はどこから出てきた。落ち着け僕。

ここから絞るのはホントに難しい。

分母でいえば

R2 3つ CS 4つ

分子でいえば

R1 3つ

1

を選びます。

同様の選択肢があるので気を使いますが、よくみて落ち着いて対応します。


B-01

これは

を間違いました。

HB/2

が正解ですね。

9,10

で悩むならまだしもなぜ7を選んだ僕?

アからの流れで 1/2 がありますので 9 が正解。

B-03

これも

を間違えたのですね。

シュミットかミラーか。

最初、効果的には

ミラーかと思ったのですが

シュミットを選んでしまいました。

7 ミラーが正解です。

B-04

エも間違いだったのですね。

他でも類似問題が多々出ていたこの問題。

2 が 3つある問題は今回が初めてだったか。

他期の問題では

位相は進んでいる

で正しい形でしたね。

2がふたつ

と覚えていたので

3つめの誤りがある可能性を考えていませんでした。

B-05

これもオを間違えています。

なんで10kΩになるんだ?

エで 9kΩまで選べているのであとすこし。

難しく考えなくても

27Vで9kΩですよ、では

30Vでは?

と考えると、割合から考えて

10kΩ

が出てきます。

難しく考えすぎ。

あと、前問の選択肢の回答を活かすべき。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。令和2年1月期のフォロー。~終わりに~

足成眼鏡スーツ女性5

はい、自分の傷をえぐる間違い問題の解説でした。

しんどかった。

そろそろ別科目の無線工学Aに移りたいところですが

試験直前に無線基礎の頻出問題を思い出すために

次回以降は頻出問題をピックアップしていこうと思います。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格の学習, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 サラリーマン生活大全 Powered by AFFINGER5