資格の学習 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の無線工学Aの過去問を独学で解説する。平成29年1月期のpart1。

陸上無線技術士第1級無線工学A平成29年度1月期

今日は月曜日。明日は火曜日。

日々は淡々と過ぎていきますので

良い習慣をどんどんとりこんで

レベルアップしちゃいましょう。

陸上無線技術士1級の無線工学A。

解説、はじまります。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

陸上無線技術士1級の無線工学Aの過去問を独学で解説する。平成29年1月期part1。

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

以下、計算でがっつり解説が別途必要そうな問題に【計算】を記載します。

A-1

解答は 1

D 受信が可能か不可能か

ガードインターバルってのが、

重なってる=可能
重なってない=不可能

だそうな。

あとは

逆高速フーリエ変換

ということを覚えておきますか。

A-2

解答は 3

う~ん計算式があるのですがなんとなく覚えにくい。

なんとなく覚えてみよう。

搬送波電力 Pc

Pc = 590W が なんとなく少なくなる 500W

なんとなくって?

590を 1 + (0.6の2乗/2) = 1 + 0.18 = 1.18 で割るの。

側波帯のみの電力 Pssb は?

Pssb = Pc * 0.6*2乗 / 4

= 500 * 0.36 / 4

= 500 * 0.09

= 45

です。

A-3

解答は 4

ぱっと選択肢をみたときに

1.85と3.42がやけに気になったのですが

解説を読んでその理由がわかりました。

1.85の2乗が3.42

なんですね。

こういうのって、どっちかが正解の可能性が高い。

今回は

sin(π/4) / sin(π/8) ≒ 1.85

となり

1.85の2乗

が答えになるそうな。

A-4

解答は 3

2が臭いんですけどね。

~でなければならない

と言い切ってるので、間違いかと推測しましたが違いました。

遅延検波方式は

1シンボル後

ではなくて

1シンボル前

なのですね。

遅延だから後、みたいなイメージを抱きやすいですが

そうじゃないんですねえ。

A-5

解答は 1

あれ、これ、前に見たことあるような問題ですが解答が前とは違ってるなあ。

もちろん問題文の条件が違うから解答が違うのでしょうけれど。

振幅が大きいのは低いほうの成分。

1dB減少すると振幅が大きいほうは3dB減少する。

なぜ 3 なのか?

前は 6 じゃなかったか?

要復習です。

A-6

解答は 4

解説をみたのですが

sincosの絶望的な嵐だったので

(m / 4) * 100

題意より m=0.8なんですって。

どこから出てきた?

あ、0.8sinpt の 0.8か!

ほんまか・・・?

(0.8 / 4) * 100

= 20

A-7

解答は 5

QPSK は 掛け算

クロックパルスの 1周期以内 ですね。

これは覚えてた。

だから 1,5 で悩んだ。

1を選んだ。

間違えてた。

これ、どこかで出てきた問題だ。

掛け算か。

掛け算ですね。

平成27年7月期だっただろうか。

掛け算なんですね。

掛け算だ。


A-8

解答は 3

之も見たことある。

受信と9dB

ってのを覚えてました。

A-9

解答は 2

これ珍しく選択肢多数決の法則通りですね。

でもなあ。

同相の時、最大となり、π/2の時に0になるのか。

出力が比例してるのでそうなるのか?

波が比例してるってことは、あれか。

同調したら最大になって

直角にずれたら打ち消しあって0になる

ってことか。

分かった気になりました。

あとは、包絡線検波ってのがあるんですね。

FMのほうがなじみ深いからそっちを選んでしまいがちですが

包絡線検波が正解。

A-10

解答は 2

●覚えっすね。

選択肢多数決の法則から

B だけ外れてますよ。

A-11

解答は 5

選択肢多数決の法則から

D だけ外れてますよ。

ここらへん●覚え。

A-12

解答は 1

パルスの繰り返し周期

除去なので差をとるんですね。

これわかりやすいや。

あとは n倍 か。

A-13

解答は 3

2,3,4 が 25毎の区切りなのでこの辺あやしい。

解説をみたのですが謎。

理解できませんでした。

どうするかなあ。

10kHz,100Hz

などがあるので

100m

が怪しいと思ったのですが。

あ~よく読んだらわかりました。

① 変化時間 ΔT を求める

ΔT = (1/200) / ((100*10の6乗) / (10の3乗) = 1 / 2 * 10の6乗

② 航空機の高度 h を求める

h = ΔT * c / 2

c = 電波の速度 = 3 * 10の8乗

え、電波の速度って 300,000,000 m / s = 300,000 km / s = 地球を7周半。

あ、電波の速度って光の速度なのね。

当たり前のように出てきたからわからんかった。

h = 3 * 10の8乗 / 2 * 2 * 10の6乗

= 300 / 4

= 75

ですね。

電波の速度は問題文に出てきてないので覚えにゃいけん。

A-14

解答は 4

多数決の法則から

Cだけ外れてます。

SNR = CNR + 3db

ってことか。

A-15

解答は 2

多数決の法則から

Cだけ外れています。

パルス幅、繰り返し周期を大きくしていくと、振幅スペクトルの周波数間隔は狭くなっていく。

なんのこっちゃ?

パルス幅Tを大きくしてゆくと周波数スペクトルの広がりは1 / Tに比例して狭くなる

参考:新潟大学
信号処理基礎 PDF

上記PDFのP12

相似性というらしい。

というか基礎なんかこれ!?

陸上無線技術士1級の無線工学Aの過去問を独学で解説する。平成29年1月期のpart1。~終わりに~

足成眼鏡スーツ女性26

ほい~解説でした。

法規や無線基礎も忘れないように復習したいのですが

無線工学Aが今は手ごわい相手なので

まあ、継続的に焦らずやっていきますよ。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格の学習, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 サラリーマン生活大全 Powered by AFFINGER5