資格の学習 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の無線工学Aの過去問を独学で解説する。平成29年1月期part2。

陸上無線技術士第1級無線工学A平成29年度1月期

今月は仕事が毎日定時帰りで残業なし。

勉強時間が確保できるのでありがたいですね。

今日も今日とて解説です。

無線工学A、後半戦、はじまります。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

陸上無線技術士1級の無線工学Aの過去問を独学で解説する。平成29年1月期part2。

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

以下、計算でがっつり解説が別途必要そうな問題に【計算】を記載します。

A-16

解答は 4

これは●覚え。

う~ん、再生中継方式に関する記述が

1,3

だったのでどちらかが正解だとにらんだのですが外れでした。

A-17

解答は 2

A 振幅を大きくしていくから占有周波数帯幅が広くなるのか。

B 零になるたびに測定、そうか~

C mf * fm 掛け算が正解か。

A-18

解答は 1

これも●覚えか?

多数決でいくと

1,2

のいずれか。

B,Cは、分数の値が大きいほどサイクル数も多いのですね。

A-19

解答は 4

お、見たことあるぞこの問題。

Aは利得じゃないんですよね、通過帯域幅なんですね。

で、直線から離れるのは 1dB

これを覚えてました。

A-20

解答は 5

多数決の法則から

B

だけ外れているんですねえ。

A は 数が多いし、スケルチレベルってなんかわからんし、出力レベルがしっくりくる

C は ひずみか。出力がひずみだからなあ。

B は 分母が 雑音とひずみ の和 ですね。うむむ。


B-1

解答は

ア 1 複数、を選びたいところですが、一つのチャネルに対して一つ、なのですね。
イ 6 チャネルを等間隔に並べるってことで周波数。時分割なら違う表現になる、はず。
ウ 4 これ、どっかでみたことあるな。要求割り当ては「小さいのが多い時に有利」
エ 8 これ、もし「雑音がない期間だけ送信する」と仮定すると、音声にちょっとでも雑音が乗ったらアウトって話になりますね。
オ 10 トランスポンダってなんだ?

参考:wikipedia
</aトランスポンダ>

参考のwikipediaによると

「トランスポンダ(Transponder)とは、Transmitter(送信機)とresponder(応答機)からの合成語[1]で、受信した電気信号を中継送信したり、電気信号と光信号を相互に変換したり、受信信号に何らかの応答を返す機器の総称である。

通信分野では中継器、電波応用分野では応答装置、航空交通管制分野では二次レーダーとも呼ばれる。略称トラポン。」

ですって。

ああ、あれか。

要するに オ は

通信機器の効率を向上できるぜ!

ってことを言いたいんですね。

トランスパンダちがうトランスポンダ。

B-2

解答は

ア 6 でない、と、でない、ですね。平たんでない、一定でない
イ 2 奇数次かあ、●覚え。
ウ 4 負帰還か。なんとなくそんな気がした。
エ 8 C級なんか・・・非直線ひずみはお手軽なんか?
オ 5 非直線と問題文に出てますので素直に選びました

B-3

解答は

ア 2 できない
イ 1
ウ 1
エ 2 できる
オ 2 できる

おお、2が3つある。珍しい。

スペクトルアナライザ及びFFTアナライザは、正弦波の振幅と周波数を測定できる。

オシロスコープは、個々の振幅を測定することができない。

B-4

解答は

ア 1
イ 2 変調周波数 → 搬送波周波数
ウ 2 分解能帯域幅は 30Hz
エ 2 掃引周波数は 5 kHz
オ 1

おお、また 2 が3つある。なんてこった。

●覚えだ~!

B-5

解答は

ア 1 振幅変調
イ 6 パイロット信号。いかにも基準となる信号に見えたので選びました。
ウ 8 +-って問題文に出てますね。そのままか。
エ 4 副チャネル信号
オ 3 主チャネル信号

これ、5,10が全く出てこないのか。

無線基礎も含めて、なんか初めてのパターンです。

だいたい 2択で選ぶことができたんですけどねえ。

エ、オ は 3,4の組み合わせと5,10の組み合わせから判断しないといけないのでややこしいですね。

まあ、素直に問題の図をみればいいか。

陸上無線技術士1級の無線工学Aの過去問を独学で解説する。平成29年1月期のpart2。~終わりに~

足成眼鏡スーツ女性

はい、平成29年1月期の後半の解説でした。

これで4期分が終了か。

みたことのある問題も出てましたが、ほとんど初見だった気がする。

次回以降どうなるか。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格の学習, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 サラリーマン生活大全 Powered by AFFINGER5