資格の学習 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の無線工学Aの過去問を独学で解説する。平成30年7月期part1。

陸上無線技術士第1級無線工学A平成30年度1月期

嫌なことを考えるのは仕方ない。

意味ばかり考える僕たちは嫌な出来事や言い訳に慣れすぎている。

でもそれらを認識しないと仕事はすすまないときたものだ。

だから楽になる方法として

意味つけから一旦離れる、認知脳以外を使う必要がある。

子供のころの脳、太古の人たちが使っていた脳を、もう一度活性化させてみよう。

本日も解説、はじまります。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

陸上無線技術士1級の無線工学Aの過去問を独学で解説する。平成30年7月期part1。

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

以下、計算でがっつり解説が別途必要そうな問題に【計算】を記載します。

A-1

解答は 5

後端の出力データを有効シンボルの前

に付け加えるのですね。

ガードインターバル長以内、の表現なら

何かできる

って感じがしますね。

Dは

(ガードインターバル * 光の速さ) / 2

= 252 * 10のマイナス6乗 * 3 * 10の8乗 / 2

≒ 37.8 km

【計算】

A-2

解答は 5

60kHz / 15kHz = 4

表の m=4

の列を参照する。

0.1577 + 2 * 0.0044 + 2 * 0.1326 + 2 * 0.1850 + 2 * 0.0790 + 2 * 0.0174

→ 4項までの合計

0.1577 + 2 * 0.0044 + 2 * 0.1326 + 2 * 0.1850 + 2 * 0.0790 = 0.9595

→ 5項までの合計

0.1577 + 2 * 0.0044 + 2 * 0.1326 + 2 * 0.1850 + 2 * 0.0790 + 2 * 0.0174 = 0.9945

0.99を超えるのは

5項

ということで

5が正解。

0.99 < 合計値 < 1

を満たす項の合計値が必要だったのかな。

A-3

解答は 4

みたことあっぞ!

A,Bは多数決

電力減少は 3dB

と覚えていました。

A-4

解答は 3

うう、解説みたけど複雑だった。

理解できる形で覚えよう

① 全体の信号長 L

L = (1+ガードインターバル比) = 5/4

② 元の伝送速度 S

S = 64QAMの6bit * サブキャリアの個数 50 / 有効シンボル期間長 4μs

= 6 * 50 / 4 * 10のマイナス6乗

= 75Mps

③ 情報伝送速度 Si

Si = S * 誤り訂正の符号化率 / (L)

= 75 * (1/2) * (4/5)

= 30

【計算】

A-5

解答は 2

誤差電圧がなんでef? 誤差errorだから erでもよさそうなもの。

A は 位相でしょうね。

C は 誤差電圧が零になる

誤差電圧が答えか~ ←何回言うのかw

A-6

解答は 1

これもそのままみたことあっぞ!

問題文と図の形式から

掛け算位相1

と覚えてたぞ!

A-7

解答は 1

みたことあるけど忘れたぞ!

① mf

mf = 6 / 3 = 2

② I = 3 * mf2乗 * B / 2 * fp

I = 3 * 2 * 2 * 20 / 2 * 3 = 40

③ デシベル表示 (常用対数)

I = 10log40 = 10 * log(2の2乗 * 10) = (10 * 2 * log 2) + (10 * log 10) = 20 * 0.3 + 10

= 16

対数のかっこの中の掛け算は足し算に変換できるのですね。

このへん、高校数学 1,2年生くらいに習いました。

久しぶり。


A-8

解答は 4

みたことあっぞ!

1シンボル前

が違っていて

1シンボル後

というのを覚えていました。

前に出た時は 2だったか3だったかが正解の答えでした。

並び変えられてますね。

A-9

解答は 3

オラみたことあっぞ!

A 包絡線

B 前項のcosにω無し

C,D π/2 で 90度ずれるから打ち消しあうイメージ。0。

A-10

解答は 1

これもみたことあっぞ!

B コイルにエネルギーが蓄積されるってのが印象的でした。

A は パルス幅変調器

C コンデンサ左側の①

A-11

解答は 2

同じような問題をみたことありましたが

前回は 4の記述で 西にあるほど早くなる かなにかで誤り表現でした。

でも今回は合ってる( ゚Д゚)

2 夏至または冬至の日 ではなくて 春分または秋分

●覚え。

A-12

解答は 3

これもみたことあっぞ!

A VHFでなくてUHF

B 異なる周波数なんですね

C 不規則にすることで応答信号のみを安定に同期受信、か 不規則のなかから応答信号があぶりだされるイメージか?

A-13

解答は 1

① 相対速度 v

v = ドプラ周波数 * 電波速度 / 2 * レーダーの周波数

= 1 * 10の3乗 * 3 * 10の8乗 / 2 * 10 * 10の9乗

= 15 m/s

時速 54km/h

② 物体の移動速度 v0

vo = v /cos30度 = 54 / 0.9 ≒ 60

【計算】

A-14

解答は 4

みたことあっぞ!

デマンドは固定で変動しているトラフィック

プリアサインメントは小さなトラフィックが多数ある場合に有効

A-15

解答は 1

みたことあっぞ!

で、PCM 1ビット増やす 改善量

のような単語で覚えてました。

6dB

改善されるのですねえ。

陸上無線技術士1級の無線工学Aの過去問を独学で解説する。平成30年7月期のpart1。~終わりに~

足成眼鏡スーツ女性

だいぶ

みたことあっぞ!

が増えてきました。

最初に無線工学Aに取り組んだ時は絶望的な気分でしたが

継続的に学習するとなんとかなるものです。

しかし油断せずに引き続き問題に取り組んでいきます。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格の学習, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 サラリーマン生活大全 Powered by AFFINGER5