資格の学習 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の無線工学Aの過去問を独学で解説する。各期のA-6問題。

陸上無線技術士第1級無線工学AのA-6

過去の経験に気持ちを引っ張られて嫌な気持ちになる。

でも嫌な気持ちを作り出しているのは自分の心。

しかしだからと言って嫌な気持ちを作り出すのは止められない。

だからせめて気づくのだ。

意味をつけているのは自分の心。

ご機嫌であるほうが人生はメリットが大きい。

さて

陸上無線技術士1級の過去問を独学で解説します。

無線工学Aです。

ひとまず平成27年7月期~令和2年1月期までの10期が終わりましたので、今回から横展開で復習していきます。

今日はA-6を攻めていきますよ~。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

  

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-6問題

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

平成27年7月期のA-6

解答は 3

これ、昨日や一昨日かやりましたね。

●覚え。

左右左

左右左

平成28年1月期のA-6

解答は 3

これっすね

Aは選択肢多数決

あとは

1,3,5,7

と増えていきます。

平成28年7月期のA-6

解答は 2

A は 多数決

B は πですね。

C 帯域フィルタです

平成29年1月期のA-6

解答は 4

解説観ましたがこれしんどいなあ。

(0.8 / 4) * 100 = 20%

0.8は値が変って出てきそうですね。

後の値が変るともうわからん。


平成29年7月期のA-6

解答は 4

これさっきみたけど解答が違いますね。

Cのみ多数決から外れている、と覚えようか。

平成30年1月期のA-6

解答は 3

送信側は逆離散、受信側は離散

で、問題文は受信側について問うているようです。

B は 積分ですね。積をとって積分。

C は 位相差を利用

平成30年7月期のA-6

解答は 1

掛け算位相1

これ、●覚え。

平成31年1月期のA-6

解答は 3

受信側の30dBより大きくはならないです。

なので 5 は違う。

半分近く、半分以下になるのも可能性が低い。

1,2,は違う可能性が高い。

2,2,1,1では6ですが一番近いのは 23dBか。

あくまで勘ですけどね。

まじめに計算式を追いかけると結構大変です、この問題。

令和元年7月期のA-6

解答は 2

15%の4倍で60%。

これ、前半で解説した問題と似てますね。

あのときは

m=0.8

が明らかになっていて

(0.8 / 4) * 100 = 20

が答えでした。

今回は

(m / 4) * 100 = 15

m = 60

というわけで、今回は問われている箇所が違ってました。

令和2年1月期のA-6

解答は 4

さっきも出てきましたね。

掛け算 位相 1

これは●覚え。

陸上無線技術士1級の無線工学Aの過去問を独学で解説する。各期のA-6問題。~終わりに~

試験問題が解けないと不安になります。

一度やったことを忘れても不安になる。

しかし不安は自分の心が作り出した物。

合格に足りない計画ならば、それを補正して実行に移せばいいだけであって、不安というのは心の問題であって、計画とはまったく別のものなのです。

が僕たちは混同してしまいます。

すなわり、計画がうまくいかないから不安なのだ、と。

でもそれは違う。

計画は計画、不安は不安、です。

理屈もココロも今にジャストアサインして、やるべきことはやればいいし、不安よりはご機嫌なほうがパフォーマンスがあがります。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格の学習, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 サラリーマン生活大全 Powered by AFFINGER5