資格の学習 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の無線工学Aの過去問を独学で解説する。各期のA-14問題。

陸上無線技術士第1級無線工学AのA-14

今を生きると決める。

普段自分がしないことをしようと考えてみる。

自分の感情を知る。

嫌な意味がついている出来事や他人はない。

さて

陸上無線技術士1級の過去問を独学で解説します。

無線工学Aです。

ひとまず平成27年7月期~令和2年1月期までの10期が終わりましたので、今回から横展開で復習していきます。

今日はA-14を攻めていきますよ~。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-14問題

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

平成27年7月期のA-14

解答は 4

これは昨日もやりましたね。

Aは送信タイミング。多数決から外れているので気を付けましょう。

ガードバンド、同じ、ですね。

同じ符号列で相関性を取るわけですね。

平成28年1月期のA-14

解答は 2

これはもう●覚えですね。

アンテナの利得、が正解です。

平成28年7月期のA-14

解答は 2

(1) 固定的に割り当てる という文言

事前に割り当てるなら、プリ=前 アサインメント=予約する

固定的に割り当てるので、トラフィックは一定であるほうが効率が良いでしょう。

CDは悩むまでもないですね。

平成29年1月期のA-14

解答は 4

ABは多数決、Cはですね、だいたい~dBより「」とくると

低い

という回答であることが多いです。

3dB低い、6dB低い、9dB低い

という回答になることが多いです。


平成29年7月期のA-14

解答は 5

Bだけ多数決から外れていますね。

一定の送信タイミング

スロットが「バースト」というのはなじみがないですが、そう呼ぶんですね。

平成30年1月期のA-14

解答は 5

Aは多数決、ガードバンドというのは、ガード=防御 バンド=帯、帯域 ってことですね。

周波数を用いて、割り当てるのは周波数

入力バックオフを大きく

平成30年7月期のA-14

解答は 4

これはさっきも出ましたね。

選択肢の順番が入れ替えられています。

でも解答の項目は変わりません。

平成31年1月期のA-14

解答は 2

これもさっきみたか?

AB多数決

Cは3dB低い値。

低い値なんですね。

この「低い」ってのがさっき問題で出てきてましたね。

令和元年7月期のA-14

解答は 1

さっきも出ました。

今回は頻出問題が特に多いですね。

令和2年1月期のA-14

解答は 1

ん?類似問題ですが何かが違う。

周波数、という選択肢がないですね。

送信タイミング、ガードバンド、同じ符号

ですね。

陸上無線技術士1級の無線工学Aの過去問を独学で解説する。各期のA-14問題。~終わりに~

足成-笠井枝理依-2

今日は類似問題が多かったので早く終わってしまいました。

追加で演習問題をやることにしましょう。

未来は不安で、過去は重たい。

というのはただの気のせいです。

だからといって、気にしない、と思うと余計に気になりますので、

ああ、意味の無いことに意味付けしてるなあ、僕の心は、仕方ないなあ

と認識しましょう。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格の学習, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 サラリーマン生活大全 Powered by AFFINGER5