資格列伝 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の無線工学Aの過去問を独学で解説する。各期のA-15問題。

陸上無線技術士第1級無線工学AのA-15

自分のできる限りのことをやって

或いは自分ができないことはできないとして

他人から嫌われるのは仕方のないことです。

どうしようもない。

しかし、嫌いという意味付けをされている時点で

嫌われた人からみたあなたは、少なくとも空気のような存在ではありません。

不良が猫に優しくすると印象が変わるように

直接的ではないにしろ、自分らしく生きていれば

一発逆転することもないことはないのかもしれませんね。

さて

陸上無線技術士1級の過去問を独学で解説します。

無線工学Aです。

ひとまず平成27年7月期~令和2年1月期までの10期が終わりましたので、今回から横展開で復習していきます。

今日はA-15を攻めていきますよ~。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

  

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-15問題

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

平成27年7月期のA-15

解答は 3

何度も見たから覚えてしまいました。

遅延時間差、伝送路長、逆相

Bだけ多数決から外れています。

平成28年1月期のA-15

解答は 5

類似問題もあるのですが、今回は4値の伝送パターンが正解。

縦に見ると4つの点があるから、と勝手に覚えてます。

横に見ると2つの図があるので、2つの何かしら、なのでしょうね。

平成28年7月期のA-15

解答は 2

4 と思ったら 2 でした。

高域フィルタじゃなくて低域フィルタか帯域フィルタか、ってとこでしょう。

平成29年1月期のA-15

解答は 2

これも頻出問題かな。

ABは多数決

Cは狭く、ですね。

出題の様子が違いますが、以前やった問題と本質は同じです。


平成29年7月期のA-15

解答は 2

どの帯域幅でも同一の

という表現が大風呂敷を広げすぎなのかなと。

平成30年1月期のA-15

解答は 4

さっき似たような問題がw

これ、今回は 28kHz ですが、さっきの正解の選択肢は 26kHz でした。

あとは問題の様子で●覚えするか。

平成30年7月期のA-15

解答は 1

これも●覚え。

1ビットで 6

2ビットで 12

12が正解になる問題も今までに出てました。

平成31年1月期のA-15

解答は 3

Bの振幅が選びにくいですね。

5と迷いました。

令和元年7月期のA-15

解答は 5

23dBってことはあれか

20 * log 10 + 10 * log 2

ってとこですか。

10 * log 10の2乗 + 10 * log 2

ん~10の2乗と2

いや違う。

16dB

= 10dB * 3dB * 3dB

= 10 * 2 * 2

= 40 が真数

3dB が 2になるのは log 2 = 0.3 だから。

40 / 0.2 = 200

10log(200) = 10log100 + 10log2

= 23dB

16dB → 40 → 200 → 10log(200)

と求まるかがポイント。

令和2年1月期のA-15

解答は 4

16QAMってのは 1/4 になるらしい。

図からも縦横4の点の集合だから、そういうことなのか?

1/4 * 3/2 = 3/8

陸上無線技術士1級の無線工学Aの過去問を独学で解説する。各期のA-15問題。~終わりに~

足成眼鏡スーツ女性27

今日は小春日和でなんだか自律神経が安定しませんでした。

しかも室内はぬるいというか暑いというか、エアコンが効いている。

ちょっと苦手なパターンですね。

適宜外に出るなどして、休憩しながら仕事していきます。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格列伝, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 SE列伝 Powered by AFFINGER5