資格列伝 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の無線工学Aの過去問を独学で解説する。各期のA-16問題。

陸上無線技術士第1級無線工学AのA-16

ご機嫌の価値はなんだろう?

ご機嫌で居るとどんなメリットがあるだろう?

自分自身で決めるだけで人はご機嫌になれます。

でも生活していると人は必ず不機嫌のほうに流されます。

なら、ご機嫌の方向に常にむかっていくことこそが

万人に共通する人生の絶え間ない目標、というわけですね。

さて

陸上無線技術士1級の過去問を独学で解説します。

無線工学Aです。

ひとまず平成27年7月期~令和2年1月期までの10期が終わりましたので、今回から横展開で復習していきます。

今日はA-16を攻めていきますよ~。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-16問題

過去問は

 

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

平成27年7月期のA-16

解答は 3

これも頻出問題か。

以前何度か解きました。

ABは多数決、Cはそれぞれの項の2乗の引き算、ですね。

平成28年1月期のA-16

解答は 4

これは解説を読んだけど複雑。

えっとですね。

20dB = 10 の 20/10 乗 = 100

100/4 = 10の2乗 / 2の2乗

10log100/4 = 10log10の2乗 - 10log2の2乗

= 20 - 20 * 0.3

= 14

なぜ4で割るかは問うな(何

これで例えば値が 10dBに変わっても

10dB = 10 の 10/10 乗 = 10

10/4

10log10/4 = 10 - 20log2

= 4

と求まりますね。

平成28年7月期のA-16

解答は 1

見飽きました。

A は 多数決

B は k/n と多数決から外れている

D は 過去の情報なので「畳みこまれている」のでしょう

平成29年1月期のA-16

解答は 4

5と迷いましたが4

無給電中継方式の説明には「反射」という単語が出てきます。

よって 2,3は違う。

1 は 非再生中継方式

5 は 再生するって書いてあるので、非再生ではなく再生方式ですね


平成29年7月期のA-16

解答は 4

ガウスときたら振幅

3と迷いましたが4

C は 位相遷移変動ですね

平成30年1月期のA-16

解答は 2

きましたこれ。類似問題。

前解いた時の予想通り。

今回は 4値の伝送波形、という選択肢がありません。3,6どちらも間違いです。

横は2シンボル時間だなあ、と以前予想しました。

その通りの正解です。

平成30年7月期のA-16

解答は 5

キャリアダイバ構成ですね。

冗長化なので、2つの回線は同時に切断されないほうがいい。

つまり、同時に回線品質が劣化する確率が小さい二つ以上の通信系、が正解です。

平成31年1月期のA-16

解答は 1

頻出問題でしたが趣向が変りましたね。

Aは多数決

Cは狭く

Bが悩むところですが

5に引っ張られずに 1/Tp が正解

令和元年7月期のA-16

解答は 5

みたことありますね。

解答の様子が変ってますが

k/n

過去の情報

などは変わってないですね。

令和2年1月期のA-16

解答は 5

さっきも見ましたね。

選択肢の順番が変っているだけです。

陸上無線技術士1級の無線工学Aの過去問を独学で解説する。各期のA-16問題。~終わりに~

足成眼鏡スーツ女性14

他人と比べて心をへこましても仕方ないですが

他人のいいところは論理的に取り込みたいものですね。

つまり心と論理は別物。

論理に心を引きずられる必要は無いし

心を守りすぎて非論理的になっても結果にはつながりません。

両方大事なんですね。

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格列伝, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 SE列伝 Powered by AFFINGER5