資格の学習 陸上無線技術士1級

陸上無線技術士1級の無線工学Aの過去問を独学で解説する。各期のA-18問題。

陸上無線技術士第1級無線工学AのA-18

良いことがあったとしても続かないかもしれない。

悪いことがあったとしてもずっと続くわけではない。

結果に振り回されず、夢を持ちながら、今やるべきことをやりましょう。

全身全霊で、いまこの時に力を注いでいきましょう。

さて

陸上無線技術士1級の過去問を独学で解説します。

無線工学Aです。

ひとまず平成27年7月期~令和2年1月期までの10期が終わりましたので、今回から横展開で復習していきます。

今日はA-18を攻めていきますよ~。

※本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

陸上無線技術士1級の基礎の過去問を独学で解説する。各期のA-18問題

過去問は

この本で過去問10年分の問題掲載および解説があります。

これが理解できればおそらく合格できますが、普通の人は微分や積分に圧倒されてくじけます。

あとはそうですね。

「陸上無線技術士 過去問 ダウンロード」

とかでぐぐって問題と解答はダウンロードしてみてください。

根気良く調べるとどこかしらのサイトにあります。

本記事では解説をします。

平成27年7月期のA-18

解答は 1

●覚えですね。

利得ではなくて、通過帯域幅というのがポイントです。

平成28年1月期のA-18

解答は 5

スペクトルアナライザ、と、くれば

振幅や時間軸の表現ができない

となります。

平成28年7月期のA-18

解答は 3

フロー図が出てきてますが、以前も出てきた問題。

清掃時間は周波数分解能が高いほど長い。

つまり周波数分解能が高いってことは、より細かく処理してるってこと。

より細かく処理するなら、後処理だって時間が長くかかるってことでしょう。

平成29年1月期のA-18

解答は 1

これも頻出問題。

Aは多数決通りだな、と判断しつつ

6,4

の値を●覚え。


平成29年7月期のA-18

解答は 5

頻出問題。

昨日もA-17で解いたかな。

平成30年1月期のA-18

解答は 1

B が 2Tじゃなくて T というのがポイントですね。

平成30年7月期のA-18

解答は 4

こちらは

A の 広くがポイント。

B 振幅が零になるたびに、です。

平成31年1月期のA-18

解答は 4

2と間違いました。

1/5 で 4

1/6 で 6

と覚えとこ。

令和元年7月期のA-18

解答は 4

よくみると

ランダム

なのに

一定

と書いている 選択肢の 4 です。

令和2年1月期のA-18

解答は 1

どこかの B の問題でも出題されてました。

帯域外領域

スプリアス領域

とくれば

変調状態の

不要発射が広がる可能性が ある

です。

陸上無線技術士1級の無線工学Aの過去問を独学で解説する。各期のA-18問題。~終わりに~

足成眼鏡スーツ女性5

おお、今日はあっという間に終わってしまいました。

20分くらいかな。

残りの30分は過去問の復習だな。

無線基礎を久々にやってみるか?

本記事が少しでもご参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に再度記載しますが、本記事はあくまで私の見解での解説であり、間違いや不具合などによって発生した損害を補償はできません。あしからず。

-資格の学習, 陸上無線技術士1級
-, , ,

© 2021 サラリーマン生活大全 Powered by AFFINGER5